【コラム】ブーメランを受けた北朝鮮軍幹部へ(2)

【コラム】ブーメランを受けた北朝鮮軍幹部へ(2)

2015年09月02日13時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  あなたたちの立場ではさらに怒りがこみ上げるかもしれない。数日前、京畿道抱川(ポチョン)の勝進射撃場では軍統合火力訓練があった。6メートルのコンクリートを突き破る精密誘導爆弾バンカーバスター(GBU-28)が仮想地下構造物を貫き、敵の指揮部を壊滅する場面が公開された。地下壕に北朝鮮の最高指導者と軍部指揮部と推定される実物大の人間が置かれているのがそのまま表れた。米軍が使用した時期、ここの名前がナイトメア(nightmare)射撃場だったというが、その言葉通りあなたたちには悪夢だったに違いない。

  さらに大きな悪夢は地雷挑発責任者に対する粛清であろう。当初は「まともに一発を食らわせた」と激励しただろうが、今は事情が変わった。執権4年目の金正恩政権に遺憾表明という打撃を抱かせた軍部内の盲動主義者を捜し出し、犠牲の羊とする出口措置が必要だ。南北合意直後に招集された中央軍事委で一部の委員が解任されたというが、その信号弾かどうか眺めるべきことだ。挑発の総責任者である金英哲(キム・ヨンチョル)偵察総局長の去就が焦眉の関心事だ。それでもくやしがる必要はないようだ。46人の将兵を水葬させた韓国哨戒艦「天安」爆沈挑発から地雷まで過去5年間、あなたたちはあまりにも多くの犠牲を強要した。同じ年頃の韓国青年世代を反金正恩勢力として団結させた貢献者も北朝鮮の軍部だ。

  実際、軍服を着たあなたたちが最も美しかったのは南北鉄道・道路連結のためにDMZ内の地雷を除去した姿だ。開城工業団地を作ろうと駐屯地を譲歩した場面だ。切歯腐心することもない。核とミサイルのカードに誘惑を感じるかもしれないが、賢明な選択ではない。南北が合意したように「非正常的な事態」が発生すれば、また最高指導者に向けた対北朝鮮心理戦放送が再開される。

  あなたたちにとって難しい時期を迎えているようだ。

  深刻な食糧難に苦しんだ1990年代後半の「苦難の行軍」当時、金正日(キム・ジョンイル)総書記が残した言葉が慰めになるかもしれない。前途が険しくても笑いながら進むことを望む。願わくば最も美しかったその時期を求めて。

  イ・ヨンジョン統一専門記者

【コラム】ブーメランを受けた北朝鮮軍幹部へ(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事