120年の歴史の通帳、2017年に消える=韓国

120年の歴史の通帳、2017年に消える=韓国

2015年07月30日11時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2017年9月から銀行で口座を開設する際に紙の通帳が発行されなくなる。インターネット・モバイルバンキングの普及で通帳の必要性が大幅に減ったと判断したためだ。1897年に韓国初の商業銀行である漢城(ハンソン)銀行ができてから使われてきた紙の通帳が120年ぶりになくなるという話だ。

  金融監督院は29日、こうした内容の無通帳金融取り引き革新案を発表した。これによると、今年9月から5年かけて紙の通帳発行を段階的に廃止する。金融監督院の朴世春(パク・セチュン)副院長は、「ひとまず銀行に適用した後、証券・保険など他の金融機関に拡大する」と話した。まず今年9月から2017年8月までの2年間にわたり、消費者が銀行で新規口座を開設する際に、紙の通帳の代わりに電子通帳・預金証書を選択する場合には▽金利優待▽手数料軽減▽景品提供――などの恩恵を与える。電子通帳はチェックカードの集積回路(IC)チップに通帳情報を入力する方式で、預金証書は口座番号、預金者名、銀行印が押された1枚ものの確認書だ。

  その後2017年9月から2020年8月までの3年間は60歳以上の高齢者でなければ原則的に紙の通帳を発行しない。60歳未満の人は口座開設の時に別に申し込めば紙の通帳の発給を受けられる。2020年9月からは紙の通帳が必要な場合には発行費用の一部を手数料として支払わなければならない。金融監督院が紙の通帳を廃止しようとする理由は費用に比べ効果が落ちているとの判断からだ。

  3月末基準で銀行の随時入出金通帳のうち46.2%が1年以上入出金がまったくなく残高10万ウォン未満の事実上の休眠口座だ。これに対し消費者が通帳の紛失や印鑑変更などの理由で払わなければならない通帳再発行手数料は1件当たり平均2000ウォンで、年間60億ウォンに上る。銀行にも損害だ。手数料だけでは人件費を含め5000~1万8000ウォンの通帳発行原価を賄えないためだ。通帳をなくせば印鑑・サインの盗用や他人名義の通帳不正使用のような犯罪も減らせるというのが金融監督院の説明だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事