<インタビュー>村山元首相「日韓関係、両国首脳が虚心坦壊に対話すれば反転」(2)

<インタビュー>村山元首相「日韓関係、両国首脳が虚心坦壊に対話すれば反転」(2)

2015年07月30日10時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金永熙(キム・ヨンヒ)論説委員(左)が村山元首相と28日、東京の社民党本部で対談している。
  金永熙=安倍首相は8月15日の直前に、閣議決定ではなく個人談話形式で戦後70年談話を出す計画のようだ。安倍首相は村山談話や小泉談話など歴代内閣の談話を継承するというが、「植民地支配」と「侵略」、「反省」と「お詫び」のうち、「植民地支配」と「お詫び」が入るかについては懐疑的な見方が多い。村山談話の当事者として終戦70年を迎える日本の基本姿勢はどうあるべきか、その延長線上で安倍談話の望ましい方向について話してほしい。

  村山=私の後に続いた後継内閣はすべて村山談話を継承すると国際的に約束した。安倍首相も第1次内閣当時は継承すると述べ、いかなる問題もなかった。第2次安倍内閣に入って村山談話を継承すると述べたが、侵略は国際法的な定義がないとし、いくつか疑問を表した。70年談話は国際的に非常に注目を浴びている。歴史的な事実は時間が過ぎたからといって変わるわけではない。(談話は)過去の歴史的な事実に基づかなければいけない。過去の歴史認識を変えようという考え方は間違いだと考える。

  金永熙=首相個人の談話にすることについてはどう思うか。

  村山=首相個人の談話であれ、閣議決定の談話であれ、首相が出す談話だ。外国の立場では日本を代表する首相の談話と受け止めるため、区別しないのがよいと考える。

  金永熙=韓日関係は6月22日の国交正常化50周年記念行事に朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍首相がそれぞれ自国で出席し、改善への転機になるようだった。しかし日本近代産業施設の世界文化遺産登録をめぐる摩擦で雰囲気がやや冷え込んだようだ。特に韓日間の最大懸案である慰安婦問題で大きな進展が見られない。慰安婦問題はどんな形で解決するのが望ましいと思うか。

  村山=韓国に「結者解之(当事者が解決する)」とうい言葉があるが、その通りだ。慰安婦問題は日本の軍隊が作ったものであり、日本政府がしたことだ。した側が解決するのは当然だ。慰安婦問題を解決したいという意志を政府の責任下で表し、議論を進展させていかなければいかない。

  金永熙=そのような意志が安倍首相にあるだろうか。

  村山=意志があるかどうかに関係なく、それ以外には方法がない。

  金永熙=日本国内の嫌韓ムードは度を越え、一部の政治家はこうした雰囲気を政治的に利用していると考えられるが、同意するか。根本的な解決策はないのか。韓国国民・政府に対しても話す言葉があると思うが。

  村山=日本は言論の自由があるため、いろいろな話をする人がいるかもしれない。しかし多くの国民は(韓国は)隣国であるため、そのようなことを乗り越えて仲良くしなければいけないと考えている。(両国が)お互い助け合いながら進んでいくべきだという気持ちを全体的に持っているとみる。韓国の国民もそうだと思う。隣国だからだ。1998年に金大中(キム・デジュン)大統領が訪日し、韓日パートナーシップ共同宣言を出した後、韓流ブームが起きた。それが本来の姿だ。

<インタビュー>村山元首相「日韓関係、両国首脳が虚心坦壊に対話すれば反転」(3)

<インタビュー>村山元首相「日韓関係、両国首脳が虚心坦壊に対話すれば反転」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事