【コラム】「大陸のミス」シャオミ、いったい君はだれなのか(1)

【コラム】「大陸のミス」シャオミ、いったい君はだれなのか(1)

2015年07月27日11時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  携帯電話バッテリー、空気清浄器、エアコン、浄水器、扇風機、体重計、運動靴…。こうした製品を作る会社があるならどんな業種と言うべきだろうか? 情報技術(IT)会社でもなく、それでも家電メーカーと見るのも難しく、スポーツ用品とはもっと違い…。まるで見当がつかない。中国シャオミの話だ。このところ熱い話題となっている「大陸のミス」突風の主役だ。

  領域は果てしない。最近シャオミの創立メンバーの1人である劉徳副総裁が雲南省昆明を訪れた。平凡な姿の彼が行ったのは農業技術院花卉研究所。「インターネット+花卉団地」協約を締結するためだ。中国メディアを通じ流れてきた劉副総裁の算法はこうだ。

  「農業もいまはスマート時代だ。3年以内に10ヘクタール規模のスマート温室(智能温室)を作る計画だ。温度・湿度・草花の成長などを携帯電話でチェックすることになる。年間約2000万株の花と盆栽を生産する計画だ。2億元(約40億円)の売り上げ、自信がある」。いまやシャオミブランドのバラの花まで出てくるところだ。また、有名運動靴ブランドである李寧(Li-ning)とはスマート運動靴を作る。運動靴の底にチップを付けて足の疲れ状況をチェックでき、最適な運動量を算出する機能も備えているという。この程度なら「スマート」で遊ぶという表現が似合う。

  携帯用バッテリー、イヤホンなどを作っていた当時までは「スマートフォン周辺機器を作るだろう…」というのが業界の反応だった。しかし睡眠状態により風の強さを調節するエアコン、携帯電話で水質をリアルタイムに点検する浄水器などが出てきたことで、より大きいビジョンが隠れているということに感づいた。創業者の雷軍はこれを「シャオミ生態系」と表現する。

  「いったいシャオミはどこへ行こうとするのか?」これは重要な問題だ。中国産業の未来を見せているためだ。中国は民間がやることを静かに見ながら、これだと思えば国の政策に受け入れる。1979年に安徽省風陽のある村で始まった「家庭責任生産」が全農業の私営改革につながったようにだ。いまでも変わらない。今年3月に全人大の国政報告で李克強首相は「インターネット+」を語った。「大衆創業万衆創新」としながら創業と革新を強調したりもした。シャオミやアリババなど革新企業の発展モデルを国家産業政策として吸収するという宣言だ。製造業先進化策を盛り込んだ「中国製造2025」はその延長線だ。

【コラム】「大陸のミス」シャオミ、いったい君はだれなのか(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事