韓国国会国防委員長「中国、北朝鮮に核の傘提供検討する価値ある」発言で物議

韓国国会国防委員長「中国、北朝鮮に核の傘提供検討する価値ある」発言で物議

2015年07月17日10時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
黄震夏(ファン・ジンハ)国会国防委員長
  黄震夏(ファン・ジンハ)国会国防委員長が15日(現地時間)、北朝鮮核問題解決のために中国が北朝鮮に核の傘を提供する方案も検討してみる価値はあると主張し、物議をかもしている。

  3星将軍出身でセヌリ党内の安保専門家として認められている黄委員長はこの日、米国ワシントンのカーネギー国際平和研究員で行われたセミナーで「北朝鮮の核開発の名分はアメリカから政権の生存を保障されるということ」とし、「中国が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権に対し核の傘を提供して北朝鮮の核を放棄するように強力に要求することにすることを案として挙げられる」と明らかにした。黄委員長は「中国を訪問したらこのような提案をしてみようと思う」と話した。

  しかし、この日のセミナーでパネラーとして参加した韓米の要人らは一斉に現実性の不足を指摘した。国務部の東アジア太平洋担当主席副次官補を務めたエバンス・リビアブルッキングス研究所首席研究員は「韓国の民族主義より北朝鮮の民族主義の方が強烈だ」とし、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権は中国軍の兵士が1名でも国境を越えて北朝鮮の地に入って来ることを許容しないだろう」と一蹴した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事