【噴水台】悲しい世界文化遺産=韓国

【噴水台】悲しい世界文化遺産=韓国

2015年07月13日07時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  英国中西部の港町リバプール。今はビートルズの故郷というのが唯一の誇りの都市に転落したが、以前は違った。アフリカと新大陸をつなぐ三角貿易地で、欧州物流量の40%がここを経由した。19世紀にはロンドンより裕福な都市であり「大英帝国はリバプールのおかげで可能だった」ともいわれた。「アメリカンドリーム」を夢見た米国移民者の最大出発地も、超豪華遊覧船タイタニック号が出発した港もここだった。そのリバプールは1970年代から没落する。支えだった造船業がすっかり滅びたうえ、植民地までが次々と独立し、三角貿易も消えていった。

  光栄は消えても歴史は残るものだ。経済難に苦しんだリバプール市は豊かな観光資源で復活を狙う。2004年、ユネスコに248ページにのぼる膨大な世界文化遺産申請書を出した。この時、市当局は「リバプールが世界奴隷貿易の最大の中心地だった」という恥ずかしい過去を一つ一つ明らかにした。明治近代産業施設を世界文化遺産として申請し、朝鮮人強制労働の事実をあえて隠そうとする日本とはあまりにも違った。結局、リバプール海洋貿易都市施設は同年、世界文化遺産に登録され、採択の理由書には奴隷貿易の中心地だったという内容も入った。

  その間、ユネスコが登録した世界文化遺産は802件。すべて美しく芸術的なもののようだが、悲劇の現場も5件ある。「人類の悲劇も直視してこそ平和のための歴史の教訓を得る」というのがユネスコの説明だ。

  そして78年に採択されたのが、アフリカ奴隷貿易の中心地だったセネガルのゴレ島。その後、ユダヤ人虐殺現場のポーランドのアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所、ネルソン・マンデラなど多数の黒人政治犯を収容した南アフリカのロベン島、90年代のユーゴスラビア戦争で破壊されて復旧されたボスニア・ヘルツェゴビナ内モスタル旧市街地の橋も同じ部類に入った。

  残りの一つは、原爆の悲惨さを表す広島平和記念資料館だ。日本政府はここを世界文化遺産として申請し、「同じ惨劇が繰り返されないよう悲劇の現場を保存しなければいけない」と主張した。

  その日本が今、安倍首相まで動いて朝鮮人強制動員の事実を消そうとしている。日本人の意識を暴いた名著『菊と刀』の著者ルース・ベネディクトは恥を重要視することを日本人の特徴に挙げた。恥と歴史を歪めることこそ最も大きな恥だ。英国の哲学者エドマンド・バークの忠告。「歴史から学ばぬ者は歴史を繰り返す」。

  ナム・ジョンホ論説委員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事