<成完鍾リスト波紋>検事13人投入して…拘束ゼロ

<成完鍾リスト波紋>検事13人投入して…拘束ゼロ

2015年07月03日11時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  京南企業関連疑惑特別捜査チーム(チーム長、文武一大田地検長)は2日、洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事と李完九(イ・ワング)前首相を政治資金法違反容疑で在宅起訴した。

  成完鍾(ソン・ワンジョン)元京南企業会長のメモで金品授受疑惑が浮上した8人のうち、公訴時効が過ぎた金淇春(キム・ギチュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)秘書室長に対しては「公訴権なし」、残り5人(許泰烈・洪文鐘・劉正福・徐秉洙・李丙ギ)に対しては「嫌疑なし」という結論を出した。4月12日の捜査チーム構成後82日間に検事13人が投入されたが、拘束された人はパク・ジュンホ元京南企業常務(49)ら成元会長の側近2人だけだった。

  文武一(ムン・ムイル)チーム長は中間捜査結果発表で、「6人に対しては容疑を裏付ける証拠がない」と述べた。洪知事は2011年6月、ユン・スンモ元京南企業副社長(52)を通じて成元会長の1億ウォン(約1100万円)を受けた容疑で、ユン元副社長とともに起訴された。李前首相は忠清南道扶余(プヨ)-青陽(チョンヤン)国会議員再・補欠選に出馬した2013年4月、成元会長から約3000万ウォンを受けた容疑を受けている。

  捜査チームは、故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の兄・盧建平(ノ・ゴンピョン)氏(73)が2007年12月、成元会長の2次特別赦免請託の見返りに知人が運営していた京南企業の下請け会社の工事代金5億ウォンを増額して受けた事実を確認したが、公訴時効(7年)が過ぎ、不起訴としたと述べた。検察は李仁済(イ・インジェ)セヌリ党議員とキム・ハンギル新政治民主連合議員の政治資金法違反容疑については捜査を続ける計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事