米下院外交委長「8月談話に慰安婦の謝罪なければ米国が安倍首相に問題提起する」

米下院外交委長「8月談話に慰安婦の謝罪なければ米国が安倍首相に問題提起する」

2015年06月23日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
執務室の壁にかかった韓国哨戒艦「天安」の残骸写真の前に立つエド・ロイス米下院外交委員長。
  エド・ロイス米国下院外交委員長は「日本の安倍晋三首相が元慰安婦女性に対して公式謝罪と過去の問題を認めれば、韓日関係の改善に多いに役立つ」と明らかにした。ロイス委員長は19日(現地時間)、ワシントンの下院のレイバーンビルディングの外交委員長室で行われた中央日報との単独インタビューで「8月の終戦記念日に安倍首相が慰安婦被害者に対する謝罪をしない場合、米国がその問題を再び提起する」と強調した。ロイス委員長はまた、韓国戦争(朝鮮戦争)が起こった25日を控えて「米国と韓国は戦場でつくられた同盟」としながら「朴槿恵(パク・クネ)大統領がMERS事態で訪米を延期したからといって両国関係に否定的影響を与えることはない」と強調した。インタビューは書面回答に続き現場インタビューの2回にわたって行われた。以下は主な一問一答。

  --今月25日は北朝鮮の侵略によって韓国戦争が勃発した日だ。

  「両国は血で結ばれた関係だ。本当に重要なのは、私たちの将兵が共に払った犠牲を忘れないことだ。米国ではたびたび韓国戦争を『忘れられた戦争』と呼んだが、私は長年、両国の将兵が韓国の自由を守るために肩をあわせていかに戦ったかを、両国の歴史を強調してきた。私たちの若い世代はこの歴史に注目しなければならない。私がチャールズ・ランゲル下院議員と共に映画『国際市場』の米国議会での上映を後援した理由がここにある」

  --11日に日本軍の慰安婦被害者だった女性2人が亡くなった。

  「キム・ウェハン、キム・ダルソンさんが当然受けるべき謝罪をしてもらえないまま亡くなったことは悲劇だ。この方たちが体験した苦痛は想像もできない。安倍首相が(先月の訪米時)このように明らかな歴史的事案を明らかにできず、深く失望した。8月の終戦記念日にすべての慰安婦被害者に謝罪する大きな機会を逃さないことを安倍首相に強く促す」

  --韓日両国は関係改善のために何をしなければならないのか。

  「両国は法治に対する尊重、民主主義、市場経済に対する確信などの価値を共有している。この地域(北東アジア)は韓日関係の解氷によって大きな利益を見ることになる。安倍首相が元慰安婦女性に公式謝罪と過去の問題を認めれば、両国関係の改善に多いに役立つ。日本が独島(ドクト、日本名:竹島)の領有権を主張したのも韓日関係に悪影響を及ぼした。(日本)政府がこの島を韓国の領土と認定することを促す」

  --もし8月の終戦記念日に安倍首相が慰安婦被害者に対する謝罪をしなかったら。

  「安倍首相がしなければ、私たちがその問題を再び提起するだろう」

  --米日同盟は強化されるのに韓米同盟は領域内の副次的同盟に萎縮するという恐れがある。

  「米国と日本は重要なパートナーシップを維持している。しかし韓国との関係を犠牲にしてでもというわけではない」

  --慰安婦被害者や独島問題で韓国の立場を支持しているが、韓国と個人的な縁があるのか。

  「長く韓国や韓国人と緊密に仕事をする特権を享受してきた。私の現場(地方区)の責任者であるヨン・キムは私が上院議員の時期から一緒だった。そして最初に話したように韓米は戦場でつくられた同盟だ。外交委院長として私はこうした厚い関係を守ることに専念している。私たちはずっと共に行くだろう」

  インタビューを終えた後、ロイス委員長は委員長室の壁にかかった韓国哨戒艦「天安」の残骸写真を見せて「北朝鮮の潜水艦魚雷に当たってつぶれた『天安』だが、(韓国が)直面した挑戦を私たちが忘れないように、ここにかけておいた」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事