【社説】韓日首脳の修交50周年式典出席を歓迎する

【社説】韓日首脳の修交50周年式典出席を歓迎する

2015年06月22日11時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と日本が基本条約に署名することによって国交を正常化してから今日でちょうど50周年だ。国交正常化によって韓国は、日帝36年の植民統治の旧怨を後に回して日本と手を握った。両国関係の浮き沈みと関係なく共に慶祝して記念すべき日であることに間違いない。史上最悪という韓日関係にもかかわらず、両国首脳が今日ソウルと東京で開かれる祝賀レセプションに相互参加することにしたのは良い決定だ。韓日関係の梗塞を解く転機になると期待する。

  朴槿恵(パク・クネ)政権がスタートして2年半になるが両国間で首脳会談は1度もなかった。ドイツとフランスの首脳のように誰よりも頻繁に会うべき関係だ。このような非正常はない。国民感情も悪化している。日本に好感を持つという韓国国民は6%、韓国に好感を持つという日本国民は10%に過ぎない。好きでも嫌いでも隣り合って生きるほかはない韓日関係がこんなふうに向かうのは互いにとって損だ。

  片方だけの責任とはいい難い。軽重の差はあっても双方それぞれの責任だ。この状況になるまで放置してきた両国の指導者の責任が最も重い。国内の政治的理由のためでも個人的信念のためでも「オール・オア・ナッシング」式の極限対決で両国関係を破綻に推し進めるのは罪悪だ。結者解之(当事者が解決する)という姿勢で両国の指導者が直接出なければならない。国交正常化50周年の意味を復活させて真の和解と協力へと向かう突破口を両国首脳が切り開かなければならない。

  過去の問題を決着させることが何よりも重要だ。核心は慰安婦問題だ。韓国国民の73%が慰安婦問題の解決を韓日関係の改善のカギだと感じている。昨日、就任後初めて日本に行った尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が岸田文雄外相と重点的に議論したのもまさにこの問題だった。外交交渉で100%完勝というのはありえない。50人ほどしか残っていない慰安婦被害者女性が受け入れられる妥協案を作らなければならない。国家次元で日本が責任を認めて謝罪し、補償するならば韓国もこれ以上再論しないという線で大妥協が可能だと思われる。

  もう1つは日本の安倍晋三首相の終戦70周年談話だ。内容と程度について安倍政権が苦心しているようだが、複雑に考える必要はない。韓国人が河野談話と村山談話をこれ以上取り上げる必要がないように、侵略と植民地支配に対する確かな反省と謝罪の気持ちを込めれば良い。そうすれば私たちは快く受け入れるだろう。その土台の上で首脳会談を再開し、韓日関係の新たな出発を宣言することを望む。

  韓国人の87%、日本人の64%が両国関係の改善を望んでいる。両国の指導者は国民の期待に応える責務がある。両国首脳が参加するソウルと東京の国交正常化50周年のレセプションは韓日関係の水の流れを変える歴史的出発点にならなければならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事