尹炳世外交長官が訪日へ、先に手を差し出した韓国…日本に和解圧力

尹炳世外交長官が訪日へ、先に手を差し出した韓国…日本に和解圧力

2015年06月18日07時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
頻繁になっている韓日トップ級会談
  東京で21日に韓日外相会談が開かれる。外交部は、尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が21-22日に日本を訪問する予定であり、21日午後に岸田文雄外相と日本軍慰安婦問題など両国間の懸案と北朝鮮問題、北東アジア情勢などについて議論すると17日、明らかにした。尹長官と岸田外相は国連総会など多者・国際行事で会談したことはあるが、両国間の会談のために相手国を訪問したことはない。尹長官は日本訪問中、安倍首相を表敬訪問する日程も推進している。

  韓国外交長官が日本を訪問するのは、李明博(イ・ミョンバク)政権当時の2011年5月(金星煥外交通商部長官)以来4年1カ月ぶりとなる。特に朴槿恵(パク・クネ)政権で対日強硬論者の象徴である尹長官が会談のために訪日するのは「事件」だ。尹長官は就任直後の2013年4月に日本を訪問する計画だったが、麻生太郎副総理兼財務相が靖国神社を参拝したことで日程を取りやめた。

  政府関係者は尹長官の訪日を「外交の勝負」と話している。韓日国交正常化50周年(1965年6月22日修交)を契機に、両国関係の改善を韓国が主導するというメッセージということだ。政府内では年初から、修交記念日を迎えて見せる「大乗的カード」について悩んできたという。外交部当局者は17日、「過去の歴史歪曲に対する断固たる対応とは別に、大きく和合しようという我々の意志を見せるべきという共感が政府内にあった」と説明した。別の当局者は「その間、政府が批判を受けたことの一つが、言葉ではツートラック戦略と言いながら、実際には過去の歴史のためにすべての韓日関係がふさがっているということだった」とし「重要な契機を迎えてまた前提条件を付けるような姿を見せるよりは、今の難しい状況を解くために果敢に決断するのが正しいと考えた」と説明した。先月、韓日通商担当相会談が2年1カ月ぶり、財務対話が2年6カ月ぶりに再開され、4年ぶりに両国防衛相会談が開かれたのも同じ脈絡という。

  専門家は今回の決定を通じて関係改善のボールを日本に渡し、日本の前向きな回答に圧力を加える構図を作ることができると述べた。峨山政策研究院のチェ・ガン副院長は「韓国がまず動き出しただけに、日本も歴史挑発をするのは負担になるだろう」と述べた。韓日米協力構図にも前向きな効果が生じるとみている。尹徳敏(ユン・ドクミン)国立外交院長は「韓日関係の悪化に悩んできた米国も歓迎するはず」と話した。実際、14-17日の訪米中、尹長官は米政府関係者に自分の訪日計画を説明し、大きな支持を得たという。

  カギは日本がこれに応えるかどうかだ。日本は22日にソウルで開かれる駐韓日本大使館主催の韓日国交正常化50周年記念行事に額賀福志郎日韓議員連盟会長(71)を首相特使として派遣する方針だと、NHKなどが報じた。額賀会長は自民党内の7つの派閥のうち2大派閥の額賀派(議員53人)のトップ。11選の衆院議員で、防衛庁長官、経済企画庁長官、自民党政調会長などを歴任した。日本外交消息筋は「額賀会長は両国関係をよく理解している重鎮政治家」と述べた。日本も韓国に送る人物の「級」を悩んだという趣旨だ。額賀会長は朴槿恵大統領を表敬訪問することも推進している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事