休校が1869校に…子供を“MERS清浄地”に行かせる保護者も=韓国

休校が1869校に…子供を“MERS清浄地”に行かせる保護者も=韓国

2015年06月08日10時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  週末の大韓民国の風景は荒涼としていた。中東呼吸器症候群(MERS)の懸念が広がる中、市民は外出を控えて家の中で休日を送るところが多かった。特に、首都圏の学校を中心に大規模な休校が実施されている。

  京畿道(キョンギド)教育庁は7日、水原(スウォン)・平沢(ピョンテク)・華城(ファソン)・烏山(オサン)・龍仁(ヨンイン)・安城(アンソン)・富川(プチョン)など7地域の幼稚園と小・中・高校に対し、8~12日に休校令を下した。対象は幼稚園324カ所、小学校370校、中学校109校、高校37校など計1255カ所だ。ソウル市教育庁も保護者の不安が大きい点を考慮し、江南(カンナム)・瑞草区(ソチョグ)のすべての幼稚園・小学校(合計126カ所)に対して8~10日に休校にするように命じた。休校令の対象から外れた学校も、学校長の判断で休校にすることができる。

  7日午後8時現在、休校が決定している学校(幼稚園含む)は全国1869カ所であることが分かった。家で世話をしてくれる人がいないため登学する児童生徒に対しては、学校側が下校時間まで面倒を見る。また、ソウル市教育庁はすべての学校に対し、登校した児童生徒全員に対して発熱チェックを行うよう呼びかけた。

  今も「MERS清浄地」に分類されている地方に子供を行かせる場合も少なくない。共稼ぎをしているイさん(32、女、京畿水原市)は「オリニチプ(保育施設)に通う子供がいるが、面倒を見る人も不安でMERSも気になるので、先週、大邱(テグ)の婚家に子供を行かせた」と話した。

  遊園地や観光地に訪れる市民の足も大幅に減った。6~7日、仁川(インチョン)にある月尾島(ウォルミド)遊園地では遊具の前の長い列が消えた。入場者3人に1人はマスクで鼻と口を覆った状態だった。初夏に「テント族」「ゴザ族」と呼ばれる市民で混みあっていたソウル漢江(ハンガン)市民公園も閑散としていた。

  週末なら5万人以上が集まる全羅北道全州(チョルラプクド・チョンジュ)の韓屋村(ハノクマウル)も訪問客が3万人前後に減った。修学旅行の宿泊・体験施設として利用が多い韓屋村の全州伝統文化館側は「今月、修学旅行で訪れる予定だった70校すべてが予約をキャンセルした」と伝えた。

  エバーランドとカリビアンベイは7日の入場者が1万3000人余りで普段の半数にとどまった。エバーランドはMERS感染の可能性があるラクダ4頭を隔離措置した。エバーランド側は「検査結果で陰性であるという判定が出たが、来園客が不安に思いかねない」と説明した。

  済州道(チェジュド)を訪れる中国人観光客もめっきり減った。済州道観光協会によると、5~7日に済州を訪ねた中国人観光客は2万人余りにとどまった。1週間前の約3万400人の客足と比べ、34%ほど減少した。中国人観光客専門の揚名(ヤンミョン)旅行会社のホ・サンテ(34)室長は「ツアー予約キャンセル率が40%に達する」と話した。ソウル明洞(ミョンドン)・三清洞(サムチョンドン)などの観光名所も閑散としていた。韓国観光公社はMERSの影響で、現在まで約2万600人余りの外国人が韓国観光を取り消したと話した。

  市民はショッピングや外食の代わりに、オンラインショッピングや出前を選んだ。出前アプリ「出前の民族」によると、6日土曜日の売上は2週間前(5月23日)より23%増えた。「オークション」「Gマーケット」「11番街」などオンラインショッピングモールの食品・生活必需品類の売上が最大2倍まで増えた半面、大型ショッピングセンターの売上は12%ほど減ったこと(6月1~6日基準)が分かった。

  ソウルの一部教会は「握手の代わりに目礼が礼儀です」のような案内文を正門に張り出し、直接接触を慎むよう呼びかけた。ソウルと首都圏をつなぐ一部の広域バスでも「私たちのバスは1日2回の消毒を実施しています」などの案内文を掲げているところが見られた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事