FIFAの寄付金を受けたクリントン財団が俎上に

FIFAの寄付金を受けたクリントン財団が俎上に

2015年05月29日10時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国のビル・クリントン元大統領とヒラリー・クリントン元国務長官の家族が運営するクリントン財団が、国際サッカー連盟(FIFA)に対する捜査の過程で俎上に載せられた。

  クリントン財団は腐敗の温床として摘発されたFIFAと、ワールドカップ(W杯)開催地選定時に賄賂供与疑惑が提起されたカタール側から、寄付金を受けたことが明らかになった。

  財団ウェブサイトに公開された寄付者名簿によると、FIFAは5万-10万ドルを出した後援グループに入っている。また2022年W杯を開催するカタールの「カタール2022最高委員会」も25万-50万ドル寄付者名簿に含まれている。カタール政府も100万-500万ドル寄付者グループに名を連ねた。

  特にビル・クリントン元大統領は2022年W杯招致をめぐりカタールと競争した米国のW杯招致委員会の名誉委員長を務めたという点で波紋が広がっている。クリントン元大統領は2010年12月、スイス・チューリッヒで進行された開催地選定時、米国を広報するプレゼンテーションをした。当時、カタールに敗れた後、怒ったクリントン元大統領がホテルの鏡を拳で割ったという報道もあった。しかしその後、自分の財団がカタールのW杯主管団体から巨額の寄付金を受け、批判を受けている。デイリービーストは「カタールが(招致に失敗したクリントンの怒りを)収拾するために寄付した」と解釈した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事