繊細・忍耐・節制…名車をつくる「コリアンDNA」(1)

繊細・忍耐・節制…名車をつくる「コリアンDNA」(1)

2015年05月28日14時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
グローバルブランドのデザインを手掛ける韓国人デザイナーカン・ウォンギュ氏。
  自動車は魅力を売る商品だ。それを完成する頂点が「デザイン」だ。出力・燃費・走行感覚も重要だが、優れた外観が伴わなければいけない。自動車企業も「スターデザイナー」を起用し、真剣勝負を繰り広げている。韓国では起亜車のデザインを一段階高めたペーター・シュライヤー社長が有名だ。「スターデザイナー」は外国人だけではない。多くの韓国人デザイナーが海外有名自動車企業で活動している。世界のドライバーの心をつかむ韓国人デザイナーとその作品を見てみよう。

  ◆カン・ウォンギュ氏:BMW4シリーズクーペ

  カン・ウォンギュ氏は起亜自動車(2000年)、プジョーシトロエングループ(2004年)を経て、2005年に米国の「アートセンターデザイン大学(ACC=Art Center College of Design)」を卒業した後、BMWデザインセンターで勤務している。躍動的なデザインで愛される4シリーズクーペは、カン氏の指揮で誕生した最初のモデルだ。4シリーズの屋根の曲線は滑らかに下りてくるが、下部は力強い印象を与える。しかし高級ブランドにふさわしく優雅な姿を失っていないのが特徴だ。

  ◆カン・スヨン氏:リンカーンMKZ、MKC

  カン・スヨン氏はリンカーンブランドのインテリア総括を担当する。米国自動車メーカーで勤務する最初のアジア女性デザイナーとしても名前が知られた。MKZとMKCの室内はリンカーンのエンブレムを形象化したセンターフェイシアを中心に柔らかい曲線を持つ。特に各種高級素材を活用し、女性デザイナーの繊細さをよく表現したという評価を受けた。

  ◆ヨ・ホング氏:マクラーレンMP4-12C、X-1コンセプト

  圧倒的な威容のスーパーカーも韓国人の指で完成された。ヨ・ホング氏は英国の王立芸術学教「RCA(Royal College of Art)を首席で卒業した。マクラーレンのMP4-12CとX-1コンセプト車両がヨ氏の手から誕生した代表的な作品だ。600馬力以上を発揮するスーパーカーであるだけに過激なイメージを演出する多様な空気吸入口と排出口のデザインを生かすことに焦点を合わせた。

繊細・忍耐・節制…名車をつくる「コリアンDNA」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事