韓国政府「日本政府、自国の歴史団体の声を直視すべき」

韓国政府「日本政府、自国の歴史団体の声を直視すべき」

2015年05月26日10時36分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府当局者は25日、日本の歴史学者が旧日本軍慰安婦問題に対する歪曲中断を求める声明を発表したことについて、「日本政府はこれを直視すべき」と促した。

  政府当局者は記者との会見で「日本政府は多くの日本歴史学者の総意を反映したこのような声明を直視し、慰安婦交渉など過去の問題に対する誠意ある対応が必要だ」と述べた。

  この当局者は、特に安倍晋三首相と菅義偉官房長官ら日本政府関係者がこれまで「歴史問題に対する議論は歴史家に任せるべき」という立場を明らかにしてきたことと関連し、「歴史団体がこのような立場を明らかにした以上、日本政府の前向きな対応を期待する」と明らかにした。

  日本歴史学研究会など16の歴史研究・教育関連団体は、同日、声明を発表して「強制連行された『慰安婦』の存在は、これまでに多くの史料と研究によって実証されてきた」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事