韓国のキムチ貿易赤字拡大…中国産キムチ増加で

韓国のキムチ貿易赤字拡大…中国産キムチ増加で

2015年05月18日11時58分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国産キムチ輸入増加で韓国のキムチ貿易赤字が大きく増えている。

  関税庁が17日に明らかにした輸出入貿易統計によると、2010年1月から2015年4月までのキムチ貿易赤字は8409万ドル(約914億ウォン)に上った。キムチ輸入が輸出を大きく上回った結果だ。昨年キムチの輸入量は21万2938トン、輸入額は1億439万6000ドルに達した。これに対し輸出量は2万4742トンで輸入量の10分の1水準にとどまった。

  キムチ輸入の99%は中国産キムチが占めた。中国産は韓国産より価格が半分以下と安く、飲食店、病院、学校、企業などの大量給食に主に使われる。これに対し中国に輸出する韓国産キムチはほとんどない。中国が輸入キムチに適用する厳しい衛生基準のため輸出の道がふさがれているためだ。

  韓国産キムチを最も多く輸入した日本が2011年をピークに輸入を減らしたことも状況を悪化させた。韓国産キムチの対日輸出規模は2011年に8681万9000ドルだったが昨年は5661万5000ドルに減少した。日本は昨年基準で韓国産キムチ輸出額の67%を占める市場で、2位の米国(493万6000ドル)、3位の香港(469万1000ドル)と大きな格差がある。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事