“兵役忌避”歌手ユ・スンジュン、13年ぶりに心境告白…韓国復帰は可能か?

“兵役忌避”歌手ユ・スンジュン、13年ぶりに心境告白…韓国復帰は可能か?

2015年05月13日10時45分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手ユ・スンジュン
  歌手ユ・スンジュンが兵役忌避による入国禁止処分を受けて13年ぶりに心境を告白する。

  ユ・スンジュンは12日、自身の微博(ウェイボー、中国版ツイッター)を通じて「こんにちは、ユ・スンジュンです。私をまだ覚えていますか?!」という題名と共に手紙と写真を掲載した。

  ユ・スンジュンは微博で「皆さんこんにちは。ユ・スンジュンです。私を覚えていますか。韓国を離れて13年です。今になって私はあえて皆さんの前に再び立とうとしています。緊張して心細いですが誠実で率直な気持ちで立ちます。真実だけを話します。あまりにも遅れ、あまりにも長い時間が過ぎて本当に申し訳ありません。5月19日夕方10時30分にお目にかかります」と明らかにした。

  ユ・スンジュンは2002年、兵役忌避疑惑で出入国管理法11条に基づき入国禁止処分となった。彼は当時「軍に入隊して大韓民国男子の義務を果たす」と何回も明らかにしていたが、結局は米国に渡り市民権を取得して非難を浴びた。その後13年、韓国活動への意志を公然と明らかにしていたが非難の声は減らなかった。

  ユ・スンジュンを擁護する人々は「あまりにも長い時間許されていない」で口をそろえる。ユ・スンジュンの番組を準備したシン・ヒョンウォンプロダクションのシン・ヒョンウォン代表は「殺人を犯した者も25年の控訴時効がある。その犯人が逃亡しながら感じる圧迫感・罪悪感を考慮して、それほどの期間ならある程度の罰を受けたとみる面がある」としながら「ところでユ・スンジュンに対しては13年が過ぎた今までも許す兆しが見られない」と話していた。

  これについて同プロダクションは19日午後10時30分(韓国時間)、ユ・スンジュンの心境をインタビューで生中継する。今回のインタビューは香港から生中継され、韓国でもアフリカTVを通じてライブで視聴できる。

  彼は「ユ・スンジュンは兵役忌避議論で国民から大きい非難を受けたが、そもそも本人の口からは、当時の状況についてまともに話される機会がなかった」として「何か理由があるかも知れないという考えで彼の話を直接聞いてみたかった」として番組の放送を企画した理由を明らかにしたという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事