【コラム】朴槿恵、金大中の親日に学べ(1)

【コラム】朴槿恵、金大中の親日に学べ(1)

2015年05月11日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  政治的次元において外交は、大統領が国益を外皮に権力を強化するために国民の支持と海外の関心を集めることだ。国民を魅惑しながら相手国の指導者の交渉欲求を呼び起こす戦略的な言語の駆使力が大統領の徳性に挙げられる理由だ。ところで朴槿恵(パク・クネ)大統領の対日外交にはそういうものがない。慰安婦問題一つにあらゆるものをかける。目標を赤裸々に示す。外交的な余白が全くないこの直説は、朴大統領にとって慰安婦解決という成果がどれほど切実なのかよく伝えてくれる。

  歴代の日本首相の中で最も反韓的な安倍首相から反省を勝ち取りたいという夢を、これほど馬鹿正直に推し進める大統領はいないだろう。だが大韓民国にとって日本の「反省」は、いつも例外的で一時的な現象だった。これを対日外交の無条件な前提として釘をさすことはできない。本当に対日外交で成果を出したと自負する秘訣を学ぶには、口では抗日、体では親日だった金大中(キム・デジュン)元大統領に視線を転じなければならない。

  金大中は野党時期、李承晩(イ・スンマン)を偽装親日、朴正煕(パク・チョンヒ)を本格親日だと猛攻した。しかし執権するとすぐに朴正煕を上回る親日に没頭した。歴代政権の誰も意欲を出せなかった「倭色」日本の大衆文化を熱心に開放した。飲食店の看板に日本語が登場して劇場に日本映画が上映されるなど、この地で夢にも見られなかったことが現実になったのが金大中政権の時だ。今、新政治民主連合がとんでもないと強く拒否する韓日軍事協力を初めて推進した人、野党総裁時代に日本大使館の天皇(裕仁)の葬儀室を訪れて頭を下げ、大統領になるとすぐに天皇を天皇と呼んだ人も金大中だ。

  金大中執権の最初も韓日関係は今に劣らず険悪だった。日本が韓日漁業協定を一方的に破棄して独島(ドクト、日本名:竹島)でもない鬱陵島(ウルルンド)を排他的経済水域(EEZ)基点として要求し、対日世論が極度に悪化した。だが金大中は独島領有権だけを確認して日本の主張どおり鬱陵島を基点にして協定の妥協点を作った。憤慨した漁師たちが漁船を燃やし、憲法訴訟までしたが金大中はものともしなかった。通貨危機を克服して南北首脳会談を成功させるには、日本と手を組まなければいけないと判断したためだ。言葉を変えて行動も違うマキャベリズムの極限状態だ。その結果、新しく定着した韓日パートナーシップを基に金大中は通貨危機を早期に卒業して太陽政策を断行できた。

【コラム】朴槿恵、金大中の親日に学べ(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事