<サッカー>国内では通用しない尹晶煥監督の「韓国型サッカー」(2)

<サッカー>国内では通用しない尹晶煥監督の「韓国型サッカー」(2)

2015年05月07日17時55分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  尹監督は今季、蔚山現代の指揮官となり、鳥栖と同じサッカーを見せた。サイドが主な攻撃ルートだった。蔚山には梁東ヒョン(ヤン・ドンヒョン、29)や金信旭(キム・シンウク、27)など長身ストライカーがいるため威力を発揮した。シーズン序盤は勢いに乗った。しかし攻撃パターンが相手に読まれ、苦戦が始まった。

  最近の5試合は1敗4分けだ。首位から3位に落ちた。釜山アイパーク戦(1-1引き分け)がこれを象徴する試合だった。ユン・ソンヒョ釜山監督(53)はDFを下げて蔚山の両サイドからのクロスを封じた。蔚山は前半、1本もシュートを打てなかった。ロングパスによる攻撃に過度に依存し、自ら崩れた。

  釜山戦を含めて5試合で1敗4分け。無敗が続いている間も内容はよくなかった。大田シチズン(1-1)、水原サムスン(1-1)、仁川ユナイテッド(1-1)、済州ユナイテッド(1-2敗)の4試合は先制ゴールを決めた。しかしその後は消極的になった。先制点を入れた後、1点差のリードを守り抜こうとしたが、結局、同点または逆転を許した。主将のキム・チゴン(32)が3月中旬に負傷した後、守備に安定感を欠いているのも悪材料として作用した。

  KBS(韓国放送公社)のキム・テリュン解説委員は「サガン鳥栖はJリーグの中のKリーグチームということで旋風を起こすことができた。しかし尹晶煥監督が追求するサッカーはKリーグのほかのチームがすでにすべてしていることだ」とし「梁東ヒョンと金信旭を見て入れるロングパスは、KリーグのDF選手が十分に対応している。中盤でもう少し精巧なプレーが必要だ」と指摘した。

<サッカー>国内では通用しない尹晶煥監督の「韓国型サッカー」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事