韓国、自律走行車を平昌オリンピックで試験運行…2020年の商用化推進

韓国、自律走行車を平昌オリンピックで試験運行…2020年の商用化推進

2015年05月06日17時05分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  各種センサーと高性能な衛星利用測位システム(GPS)で目的地まで自動運行する自律走行車が、2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックでの試験運行を経て2020年に商用化される展望だ。

  韓国国土交通部は6日、規制改革長官会議でこうした内容の自律走行車商用化支援案を発表した。国土部はまず今年中に自律走行車の試験運行許可要件を整え、2017年までに示範道路7カ所を指定し自律走行試験を実施する予定だ。

  さらに2018年の平昌冬季オリンピック期間中には現代(ヒョンデ)自動車が開発した自律走行車100台を平昌で試験運行する案も協議中だと明らかにした。

  国土部は自律走行車が商用化されれば高速道路の死者数が2012~2014年の年平均314人から2025年には157人に50%減少し、交通事故費用約5000億ウォンが節減できると展望している。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事