韓中の技術格差わずか1年5カ月

韓中の技術格差わずか1年5カ月

2015年05月04日16時56分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と中国の技術格差が1年5カ月(約1.4年)程度に縮んだことが分かった。2年前と比較すると格差が6カ月ほど短縮した。

  未来創造科学部と韓国科学技術企画評価院(KISTEP)は3日、韓国や米国・欧州連合(EU)・日本・中国など主要5カ国の技術水準と格差を評価した「2014年度技術水準評価」を発表した。

  KISTEPは2年ごとに主要国の技術水準についての評価を行っている。技術水準が最高である国を100%としてほかの国の水準と格差を評価する方式だ。韓中間の技術格差は2010年の2.5年から2012年は1.9年へと短縮したのに続き、今回は1.4年に縮まった。航空・宇宙分野は中国(81.9%)が韓国(68.8%)を大きく先んじた。評価対象全体の120件の技術のうち18技術で中国が韓国を先んじたと調査された。

  韓国の全体技術力量は米国の78.4%水準で格差は4.4年だった。2012年の評価と比較して技術水準は0.6ポイント向上し、技術格差は0.3年短縮された。米国に続きEU(95.5%)、日本(93.1%)の順だった。

  国家戦略技術の中で韓国が高い評価を受けた分野は機械・製造・工程(83.4%)と電子・情報・通信(83.2%)だった。人間親和型ディスプレイ(91.2%)、超精密ディスプレイ工程・装備(90.8%)、スマートグリッド(90.3%)などは世界最高水準に近接した技術に選ばれた。一方で災難・災害・安全(73.0%)や航空・宇宙(68.8%)分野は相対的に低い水準にとどまった。

  120件の戦略技術別では米国が97件の技術で最高グループに上がり、EUが13件、日本が9件の技術で最高等級を受けた。中国は「漢方医学効能の究明技術」で世界最高評価を得た。一方、韓国は最高技術を1件も保有できないことが分かった。技術水準によって最高・先導・追撃・後発・落伍など5等級で分類した結果、韓国は37件の技術で先導グループに入り、82件の技術は追撃グループに属した。

  今回の評価は論文および特許についての質的分析と3939人が参加した専門家調査(デルファイ調査方式)によって行われた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事