ボルティモアで暴徒が韓国人商店略奪…ロス暴動の悪夢(1)

ボルティモアで暴徒が韓国人商店略奪…ロス暴動の悪夢(1)

2015年04月29日10時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米メリーランド州ボルティモアで警察に拘束される際に死亡した黒人青年フレディ・グレイさん(25)の死亡と関連したデモが27日に大規模暴動に発展した。この日午後、グレイさんの葬儀が終わった後、デモ隊と警察が衝突し市内各地で略奪と放火が続いた。都心部が無法地帯に変わり、一部韓国人経営の店がデモ隊に略奪され、「第2のロス暴動」に広がらないかとの懸念もでている。1992年に白人警察官による黒人集団暴行に触発されたロス暴動では韓国人経営の店が集中的に略奪・放火された。

  メリーランド州のラリー・ホーガン知事はこの日ボルティモア一円に非常事態を宣言し、州警察と近隣警察の兵力5500人余りを緊急配置した。州防衛軍もこの日夜に投入された。ボルティモア市のステファニー・ローリングス・ブレイク市長はこの日通行禁止令を出した。来週まで続く通行禁止令は、大人は夜10時から翌日午前5時まで、14歳以下は夜9時から午前5時までの通行を禁止する。公立学校にも28日に臨時休校令が下された。

  この日の暴動は教会で行われたグレイさんの葬儀が終わった後に始まった。学校を終えた学生らがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用しボルティモア北部のモンダミンショッピングモール付近の路上に集まった。彼らは棍棒とヘルメット、盾で武装した警察と衝突すると石やれんがを投げ抵抗した。この過程で警察官15人が負傷し、このうち2人が病院に入院した。1人は昏睡状態だと警察は発表した。

  デモ隊は警察のパトカーを壊し火を付けた。また、近隣の商店のドアを破壊して侵入し無差別に略奪した。さらに薬局チェーン店のCVSに火を放ち真っ黒な煙が都心部を覆った。市当局は暴動により15軒の建物と144台の車両が燃え、200人余りが逮捕されたと明らかにした。

  

  

ボルティモアで暴徒が韓国人商店略奪…ロス暴動の悪夢(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事