アシアナ機の非正常的な低空進入を調査…乱気流の可能性?

アシアナ機の非正常的な低空進入を調査…乱気流の可能性?

2015年04月15日10時17分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本政府は14日、広島空港の滑走路を離脱したアシアナ162便が滑走路に進入する際、通常ではありえない低い高度で飛行していた経緯を調査するために注力していると日本メディアが15日、報じた。

  NHKによると、日本の運輸安全委員会は事故機が着陸のために高度を下げながら滑走路の手前およそ300メートルにあった高さ6メートルの電波発信施設に接触したとし、機体が通常ありえない低い高度で飛行していた原因を集中的に糾明していく方針だ。

  共同通信は、事故機が精密誘導できない東側から進入して事故が発生したとみられると伝えた。また、空港は台地上にあるため雲が低空にできやすく、局地的な乱気流に巻き込まれた可能性もあると伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事