「腐敗なくす」と叫んだ韓国首相…3000万ウォン授受説で捜査対象に

「腐敗なくす」と叫んだ韓国首相…3000万ウォン授受説で捜査対象に

2015年04月15日08時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李完九(イ・ワング)首相が「腐敗をなくす」と国民向け談話を発表した3月12日、自分自身が捜査の対象になるというのは想定外だったが、それが現実になっている。「腐敗剔抉」を発表した李首相が検察の捜査を受ける状況となる“反転ドラマ”が現実化している。

  成完鍾(ソン・ワンジョン)元京南企業会長がメモに「李完九」という名前を書いたのに続き、2013年4月に忠清南道扶余(プヨ)-青陽(チョンヤン)再選挙に出馬した李首相に3000万ウォン(約330万円)を渡したと語った成氏の生前の録音が14日に追加で公開されたからだ。李首相の去就問題は直ちに政界の最大争点に浮上した。

  与党も李首相に対する保護膜を取り払った。この日、セヌリ党緊急最高委員会議を終えた後、劉承ミン(ユ・スンミン)院内代表は「国政の空白を最小化するために首相から捜査することを検察に要求する」と明らかにした。会議では首相職を停止させる案も論議された。しかし劉院内代表は「法的にないことであり立場を整理できなかった」と述べた。

  セヌリ党指導部は「成完鍾リスト」事件について特検を推進する問題も議論したが、結論を出せなかった。非公開会議で劉院内代表、李仁済(イ・インジェ)・金乙東(キム・ウルドン)最高委員らは直ちに野党と特検交渉を始めようという立場だったが、徐清源(ソ・チョンウォン)・李貞鉉(イ・ジョンヒョン)・金台鎬(キム・テホ)最高委員が検察の捜査を見守ろうと主張したという。

  会議が終わった後、金武星(キム・ムソン)代表はソウル冠岳乙再・補欠選支援現場で記者らに対し、「李完九首相にもしそのような(お金を受け取った)ことがあるなら、本人が去就表明をしなければいけない」と話した。セヌリ党のある当局者は「もし成氏の主張を裏付ける証拠が出てくる場合、法的な結論に関係なく、政治的に李首相が持ちこたえるのは難しいだろう」と懸念を表した。

  李首相はこの日、国会対政府質問の答弁で、「私から捜査を受ける。もしお金を受け取った証拠が出てくるなら私の命を差し出す」と疑惑を強く否定した。去就については「根拠のない陳述一言で首相職についてあれこれと話すことはできない」と述べた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者も「朴槿恵(パク・クネ)大統領が16日から海外訪問するため、国政を総括する首相の去就問題を論じる段階ではない」と述べた。しかし新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表は「現職首相が被疑者として捜査を受けるというのは歴史上なかった。自ら去就を決め、恥をさらに膨らませるべきではない」と辞任圧力を加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事