安倍首相、靖国参拝見送り…韓国より米国批判を心配?

安倍首相、靖国参拝見送り…韓国より米国批判を心配?

2015年04月14日16時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  安倍晋三首相が今月21~23日の靖国神社春季例大祭に合わせた参拝を見送ることにした。

  共同通信は13日、日本政府関係者の言葉を引用し、安倍首相が靖国神社を参拝すれば、東アジアの安定を追求する米国から批判を受け、26日からの公式訪米にも影を落としかねないと判断し、靖国神社参拝を見送る意向を固めたと伝えた。

  また、中国との関係改善が停滞することも懸念したとみられることも参拝見送りの理由に挙げた。

  これと関連し、韓国メディアは、日本が靖国神社の参拝見送りを決めながらも、被害当事国である韓国に対する配慮ではなく安倍首相の訪米日程と関連して米国の反発を懸念したことを理由に挙げた事に関し、「依然として被害当事国に対する配慮ではなく自国の立場だけを優先視するものだとの批判が起きるだろう」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事