韓国プロ野球、歴代12番目ノーヒットノーラン誕生

韓国プロ野球、歴代12番目ノーヒットノーラン誕生

2015年04月10日10時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歴代12番目のノーヒットノーランを達成した外国人投手ユニエスキ・マヤ
  韓国プロ野球の斗山(トゥサン)ベアーズの外国人投手ユニエスキ・マヤが歴代12番目のノーヒットノーランを達成して話題になっている。

  マヤは9日に行われた蚕室(チャムシル)ネクセン戦で9イニング中に1本のヒットも許さずノーヒットノーランの大記録を打ち立てた。試合は1-0で勝った。四死球を3つ出したが8三振を取ってネクセン強打線を封じ込んだ。

  ノーヒットノーランは(今回を含め)プロ野球史上で12回しか出ていない大記録だ。1984年5月5日三美( サンミ)スーパースターズを相手に房水源(バン・スウォン、当時はヘテ・テイガース)が3四死球でノーヒットノーランを達成したのを始め、昨年6月24日に蚕室LG戦で出たチャーリー・シレック(NCダイノス)の記録まで入れて、これまで12人の投手しか名前を上げていない。シレックは外国人投手として史上初の記録だった。

  最も点差が大きかったノーヒットノーランは1989年7月6日に宣銅烈(ソン・ドンヨル、当時ヘテ)が記録した10-0だ。一方マヤとともに1-0でのノーヒットノーランは1988年4月17日のイ・ドンソク(当時ビングレー)だけだ。斗山出身としては1988年の前身のOBベアーズで張浩淵(チャン・ホヨン)が一度記録したことがある。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事