仁川空港鉄道ソウル駅の地下鉄乗り換え通路が開通…観光名所への移動が便利に

仁川空港鉄道ソウル駅の地下鉄乗り換え通路が開通…観光名所への移動が便利に

2015年04月10日10時13分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
乗り換え通路と地下鉄の接続部分。左側は地下鉄1号線方面、右側は4号線方向。
  韓国の仁川(インチョン)空港鉄道ソウル駅と地下鉄1号線・4号線を連結する地下乗り換え通路が3月28日に開通し、仁川空港鉄道を利用して仁寺洞(インサドン)や明洞(ミョンドン)、東大門(トンデムン)などソウル都心の観光名所への移動が非常に便利になった。

  これまで明洞へは、弘大入口(ホンデイプク)駅から2号線に乗り換えて明洞入口がある乙支路入口(ウルチロイプク)駅で下車したり、ソウル駅から複雑なKTXソウル駅を通過して4号線に乗り換えて明洞駅で下車するなど、乗り換えが複雑で不便だった。仁寺洞も、ソウル駅内での複雑な過程を経て1号線に乗り換えて鍾閣(チョンガク)駅で下車しなければならなかった。

  しかし、もうこのような不便はなくなった。仁川空港鉄道ソウル駅地下3階と地下1階に位置する地下鉄1、4号線待合室が地下乗り換え通路とつながったため、仁川空港鉄道から降りて乗り換え通路を使えば、すぐに地下鉄1、4号線に進むことができる。

  乗り換え所要時間も1号線は12分から7分に、4号線は15分から5分に短縮された。また、以前は使うことのできなかった1回用交通カードも乗り換え通路での使用が可能になった。

  ただし、注意しなければならない点がある。新しく開通した乗り換え通路を経ずに、以前のように外に出てからKORAIL(韓国鉄道公社)ソウル駅を通り過ぎて地下鉄に乗り換える場合(逆の場合も該当)、乗り換え扱いはされないため基本料金を再度支払わなければならない。

  

  また、仁川空港鉄道一般列車(全駅停車)の利用客はすぐに乗り換え通路を利用することができるが、直通列車(仁川空港駅~ソウル駅ノンストップ運行)の利用客は乗り換え通路のある直通列車ゲートを出た後に一般列車ゲートのある地下3階で地下鉄乗車券を購入し、ゲート内に入って乗り換え通路を利用しなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事