韓国仁川空港鉄道の直通列車のグループ割引、外国人が主に利用

韓国仁川空港鉄道の直通列車のグループ割引、外国人が主に利用

2015年04月08日14時49分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
仁川空港駅直通列車ゲートに隣接している顧客案内センター
  韓国仁川(インチョン)空港鉄道の直通列車(ソウル駅~仁川空港駅をノンストップ運行)のグループ割引が外国人を中心に人気を呼んでいる。

  グループ割引は4人以上が直通列車を利用する場合、1人8000ウォン(約878円)の運賃が6000ウォンに割引される制度だ。

  仁川空港駅が3月1カ月間の直通列車グループ割引の利用現況を分析した資料によると、直通列車の総利用客3万4801人のうち、グループ割引利用客は4373人(12.6%)であることが分かった。その内訳を見ると、外国人が3350人(76.6%)で韓国人(1023人、23.4%)よりも利用率がはるかに高かった。

  このように訪韓外国人による直通列車グループ割引の利用度が高いのは、家族や友人と一緒に旅行しようと一行が4人を越える場合が多いためだ。また、直通列車は座席に立席がなく、すべて個人座席制ということで、家族単位に仲良く座って移動することができることため一般列車より直通列車が好まれているものとみられる。また、飛行機に乗ってくる途中で自然に仲良くなった旅行客が4人ずつグループをつくって割引を受けるなど、外国人がグループ割引を上手に活用していることが明らかになった。

  直通列車グループ割引は自動発券機では受けることができない。仁川空港駅右側の直通列車ゲートに隣接する顧客案内センター(ソウル駅は地下2階の顧客案内センター)で乗車券を購入してこそ割引が受られる。

  一方、仁川空港鉄道はソウル駅~仁川空港駅をノンストップ43分で運行する直通列車と11駅全てに停車する一般列車で運営されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事