韓国多目的衛星「アリラン3A号」打ち上げ成功…初交信も成功

韓国多目的衛星「アリラン3A号」打ち上げ成功…初交信も成功

2015年03月26日09時27分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「アリラン3号」衛星の想像図。開いた翼3つは太陽電池パネル(写真=韓国航空宇宙研究院)。
  韓国の昼夜間全天候地球観測時代を開く多目的実用衛星「3A号(アリラン3A号)」が26日午前7時8分、ロシアのヤースヌイ発射場からドニエプルロケットに載せて打ち上げられた。

  打ち上げから893秒後の537キロ上空で発射体から分離し、打ち上げ87分後にノルウェーのスヴァールバル地上局とも交信していたことが分かった。

  韓国未来創造科学部と韓国航空宇宙研究院は、アリラン3A号の全ての打ち上げ過程が正常に進み、予定されていた時間に打ち上げられたと明らかにした。

  韓国航空宇宙研究院は、アリラン3A号は打ち上げ5時間57分(韓国時間26日13時05分)後には同院の衛星管制センターと交信して実際の軌道進入や機能作動が正常かどうかなどを確認する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事