韓国F1サーキット場、複合モータースポーツのメッカに

韓国F1サーキット場、複合モータースポーツのメッカに

2015年03月25日16時42分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  全羅南道(チョルラナムド)は霊岩(ヨンアム)F1サーキット場が韓国複合モータースポーツ産業のメッカに位置づいていると25日、明らかにした。

  全羅南道によると、韓国唯一の国際公認1等級サーキット場の霊岩F1サーキット場が自動車オフロードレース場、バイクオフロードレース場、国際規格のカートレース場、オートキャンピング場などを保有する総合モータースポーツ施設として、週末になるとモータースポーツマニアで混雑している。

  特に、2011年からサーキット場の賃貸を開始して以来、昨年はF1国際カーレース大会を開催しなくても年間活用日数が266日に達して32億ウォン(約3億4800円)の収益を上げた。訪問客も約14万3000人にもなり、約5億2000万ウォンの運営黒字を記録した。地域内の直接消費支出効果も約127億ウォンに達することが分析された。

  全羅南道は今年もF1サーキット場は年間活用日数280日、収入35億ウォンを目標に運営を進めている。すでに予約の入っている国際大会のうち、昨年開かれたアジアのモータースポーツの祭典「アジアスピードフェスティバル(AFOS)」のGTアジアとアウディR8 LMSカップの2クラスに、ポルシェ・カレラカップを追加して3クラスに規模を増やして開催される予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事