対馬経て来た現代版「日本通信使」…ソウル大生と歴史について激しい討論

対馬経て来た現代版「日本通信使」…ソウル大生と歴史について激しい討論

2015年03月20日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代版「日本通信使」が日本の相島から対馬を経て釜山(プサン)、そしてソウルまで訪問した。日本の大学生で構成された「全国学生連帯機構」のことだ。自分たちを自称「日本の未来のオピニオンリーダー」と主張するこの大学生達は韓日関係が悪化の局面にあるこの頃、韓国を訪問して未来の韓日関係について論じたいと思っていた。ちょうど韓日国交正常化50周年である年であった。

  韓国訪問前、彼らはソウル大学国際大学院日本研究所所長のパク・チョルヒ教授にこのようにEメールを送った。「韓国訪問を計画しています。そのうち1日はソウル大学に訪問して韓国の大学生と虚心坦壊に対話してみたいです。」そして今月19日、「日本通信使」はソウル大学に到着した。韓国と日本、両国の大学生が机に向かい合って座った。話題は断然過去の問題であった。

  「率直に言うと、なぜ韓国や中国が度々過去の歴史云々言うのか分からない。そのような問題は当時、世界のどこの国にでもあった問題ではないのか」(日本)

  「現在の韓日関係が正常化するには過去の歴史に対する明確な理解とそれにともなう謝罪が必要だと思う。君は韓国の歴史についてどれくらい知っているのか」(韓国)

  両国の大学生の意見はしばしば対立した。対話は英語でなされた。しかし、雰囲気が激昂するとあちこちで日本語と韓国語が飛び出した。複雑微妙な表情が行き交った。それでもお互いの違いをすぐに認めた。

  「もっとしっかり歴史を学ぶべき。そうでなければこの対話は終わらないだろう。事実、お互いの国についてあまりにも知らない」(韓国)

  「そう思う。私たちは韓国・中国を一緒に考えるばかりで、分けて考えていなかったようだ」(日本)

  彼らは激しく争いながらもこの日、韓日関係の新しい突破口を発見したようだと口をそろえた。全国学生連帯機構の代表である徳本進之介氏(22)は「韓国・日本関係がとても悪化している状況だが今回の訪問を契機にやはり疎通が一番重要だということを悟った」とし、「時代と国境を越える韓日交流がもっと多く行われれば良い」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事