フィリピン・香港・米国企業「韓国カジノ事業に関心」

フィリピン・香港・米国企業「韓国カジノ事業に関心」

2015年02月27日13時54分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  フィリピンのカジノ企業ブルームベリーリゾーツ、香港のギャラクシーエンターテインメント、米国のハードロックインターナショナルの海外3社が追加で韓国のカジノ複合リゾート事業に関心を見せていることが分かった。国内ではグランドコリアレジャー(GKL)、江原ランドなどカジノ関連企業だけでなく、コーロングローバル、新世界、富栄、三千里などが事業参加機会を模索していることが確認された。

  文化体育観光部が26日、ソウル小公路のザ・プラザホテルで国内外投資家を対象に開いた「複合リゾート投資説明会」には、永宗島(ヨンジョンド)カジノリゾートへの投資の意向をすでに明らかにした香港の周大福グループを含む外国企業4社と、国内企業約100社が出席(約400人)した。

  韓国人が出入りできる「オープンカジノ」の許可を要求し、釜山地域に5兆ウォン(約5500兆円)以上のカジノ複合リゾート投資の意向を明らかにした米サンズグループの関係者はこの日の説明会に出席しなかった。業界はオープンカジノ条件を固守するための布石とみている。

  文化体育観光部の関係者は「国内事業者はほとんどが情報収集レベルで説明会に出席したと理解している」と述べた。全北セマングム開発庁をはじめ、釜山鎮海経済自由区域庁、済州道、慶尚南道、江原道など地方自治体も投資または情報収集レベルで参加した。文化体育観光部は6月末までに投資家の提案書を受けた後、7-8月の評価を経て、11月までに公式事業計画を受け付け、12月に最終事業者2社を選定する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事