歌手キム・ジャンフン、違法ダウンロードで検察に告発される

歌手キム・ジャンフン、違法ダウンロードで検察に告発される

2015年02月23日16時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手のキム・ジャンフン(写真=中央フォトDB)
  映画『96時間/レクイエム』の違法ダウンロード疑惑がもたれている歌手キム・ジャンフン(48)を大学生団体が著作権法違反で検察に告発した。

  保守指向大学生団体「自由青年連合」は23日、「キムさんの違法ダウンロードが疑われるので捜査をしてほしい」とし、ソウル中央地検に告発状を提出した。

  同団体は「誰よりも著作権法に対して敏感でなければならない現役歌手として、キムさんが映画を違法ダウンロードをしたのなら創作人としての資格がない」としながら「同じ創作人である映画関係者に金銭的な被害を与えた」と主張した。

  キム・ジャンフンは今月18日、自身のツイッターに「およそ1カ月ぶりの休日なので『96時間/レクイエム』をダウンロードしたが、突拍子もなく字幕がアラビア語」というコメントとあわせてキャプチャーした映画の画面を掲載した。

  だが、映画輸入配給会社である20世紀FOXが「正式サービスはハングル字幕だけでアラビア語字幕はない」と明らかにして違法ダウンロード疑惑が大きくなった。

  これに対しキム・ジャンフンは元のコメントを削除し、4日目の22日「違法と考えられなかったのは無知の致すところ」と謝罪した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事