産経前ソウル支局長の出国停止解除にする判断、早ければきょう決定

産経前ソウル支局長の出国停止解除にする判断、早ければきょう決定

2015年02月13日10時07分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけた容疑により韓国で裁判を受けている加藤達也産経新聞前ソウル支局長の出国禁止解除について、今日決定が下されるものとみられる。

  ソウル行政法院は加藤前支局長が黄教安(ファン・ギョアン)法務部長官を相手に出した出国禁止延長処分の取り消しおよび効力停止申請に対する尋問を13日に進めると11日、明らかにした。

  午前に尋問が行われれば、その日のうちに執行停止申請に対する認容または棄却決定が下される。執行停止申請が受け入れられた場合、加藤前支局長は日本と韓国を行き来して刑事裁判を受けることができるようになる。

  加藤前支局長は今月6日、裁判所に執行停止申請を提出したことが分かっている。この中で加藤前支局長は、「捜査上の必要のために自身の出国を禁止した韓国政府が、捜査をすべて受けて不拘束起訴されながら裁判を受けている現在まで自身の出国を禁止しているのは不合理だ」との趣旨を明らかにしていた。

  これに先立ち、加藤前支局長は昨年8月3日、産経新聞インターネット記事欄に「朴大統領がセウォル号惨事発生当日、チョン・ユンフェ氏と某所で一緒にいた」という趣旨の記事を掲載した。これを受けて加藤前支局長は8月7日、法務部から出国禁止を命じられた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事