現代車、水素燃料産業育成…新規市場狙う

現代車、水素燃料産業育成…新規市場狙う

2015年01月27日16時48分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代・起亜車が独自開発した水素燃料電池自動車「ツーソンix」。この車両は100キロワット級の燃料電池システムを搭載しているため1回の充填で最大650キロメートルの走行が可能だ。(写真提供=現代自動車グループ)
  現代車グループは光州(クァンジュ)創造経済革新センターを中心に水素燃料電池自動車の関連産業を集中的に育成することを決めた。現代車グループは長期的に光州を未来エネルギー産業である「水素経済」のメーカーに育て、400兆ウォン(約43兆円)台とも予想される新規市場の先行獲得に出る戦略だ。

  現代車グループは27日、光州広域市とともにスタートさせた光州革新センターを通じて水素燃料電池自動車の関連産業や技術・ベンチャーを積極的に育成することにしたと発表した。世界初の水素車(ツーソンix)の量産に成功した現代車グループの技術力と光州地域のインフラを結合して新たな成長産業である水素エネルギー分野を育成しようという試みだ。

  融合ステーション(多様なエネルギー源から水素や電気等のエネルギーをつくり、販売・保存分散発電する充電所)のプラットホームも構築して運用する。この他に水素燃料電池関連の専門担当者を養成して技術の裾野を拡大し、150億ウォン規模の水素ファンドも設立する計画だ。

  水素が燃料として使われれば、産業・環境・交通・安保などの分野で革新的な変化が現れるものと予想される。韓国自動車産業研究所はディーゼル車(ツーソンix 2.0基準)100万台を水素燃料電池自動車に変えた場合、年間1兆5000億ウォンの原油輸入代替効果が発生すると分析している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事