【時視各角】私は李完九首相に共感できない=韓国(2)

【時視各角】私は李完九首相に共感できない=韓国(2)

2015年01月27日16時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  率直に言って私は李完九(イ・ワング)首相候補者(以下、敬称省略)がうらやましくもあり、恥ずかしくもある。うらやましいのは「神の家族」だからだ。本人は「舟状骨副骨」で入営1年にして陸軍一等兵として招集解除された。次男は留学中にサッカーをして膝前方十字靭帯が破裂し兵役が免除された。2人とも大変な病気だったと信じたい。

  また恥ずかしい理由は、この地にそれだけ人材がいないからだ。大統領の手帳には、瑕疵のある人物ばかりあふれている。1年1カ月で招集解除された人物は李完九だけではない。崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)、文亨杓(ムン・ヒョンピョ)、尹炳世(ユン・ビョンセ)、金鎮台(キム・ジンテ)、安鍾範(アン・ジョンボム)などその数はおびただしい。金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表も同じだ。現政権閣僚の兵役免除と代替服務の比率は何と50%だ。その息子もまた慢性閉鎖性、椎間板ヘルニア、糸球体腎炎などでの兵役免除があふれている。もっとも精神病で軍隊に行かなかった人物が検察核心幹部として捜査を総指揮したという笑わせる国が大韓民国だ。

  多分、李完九カードは圧倒的に通過するだろう。野党には「学生運動-兵役免除」を勲章のように言及する議員が多い。それでも、もう兵役疑惑はうんざりだ。今がいつの時代なのか。現役判定比率が91%の国民皆兵時代だ。イム兵長、ユン一等兵事件のおぞましいトラウマは相変わらずだ。全て兵役義務にともなう、胸の痛む犠牲者だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領がこのような雰囲気を知らなかったとするならば民心に鈍感で、知っていても李完九を指名したとすれば途方もない強心臓だ。

  「責任首相」に先立って「(兵役)責任を全うした首相」から見てみたい。この前、海岸哨所の兵士が亡くなり、昨日はある兵士が母親を殺害した。涙が出るほど悲しい毎日だ。

  今、李完九が床にはいつくばるように鉄心を打ち込まれた次男のエックス線写真を持ち出すのは礼儀がない。私は今回の人事に共感できない。青瓦台(チョンワデ、大統領府)が国民的感動を期待したとすれば、あまりにも恥知らずだ。

  イ・チョルホ論説室長

【時視各角】私は李完九首相に共感できない=韓国(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事