【コラム】統一、大陸型経済に向かうチャンス=韓国(1)

【コラム】統一、大陸型経済に向かうチャンス=韓国(1)

2015年01月21日13時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年は光復(解放)70年、分断70年を迎える年だ。光復という歴史的慶事と、分断という民族的惨事を振り返ってみて、今こそ統一韓半島(朝鮮半島)の未来ビジョンを設計しなければならない時だ。現在もうまく暮らしているのに何故あえてすべきなのか、莫大な費用が負担になるなどの理由で統一を喜ばない人々もいるが、大部分は統一をすべきだという点で共感しているようだ。それで統一は「テバク論(テバク=bonanza、大もうけ/大当たり)」という言葉も流行している。

  統一が大当たりである理由は、大きく分けて3つある。最初に、無尽蔵な「ビジネス」のチャンスとして活用できる。ある者は統一すれば道路・鉄道などのインフラ建設費が途方もないと憂慮したりもする。だが考えを変えてみよう。インフラ建設は消費性の費用ではなく大規模な投資の機会だ。代表的な事例が京釜(キョンブ)高速道だ。1968年の建設当時に天文学的な金額がかかったが国家経済に及ぼした波及効果はとてつもないものだった。さらに高速道路自体にとっても利益だ。今は建設投資額を全て回収し収益が出続けているという。北朝鮮も同じだ。インフラ建設初期に費用が少しかかるだろうが、経済的波及効果はもちろん道路・鉄道・電力などそれ自体でも収益が出るビジネスとなるだろう。

  北朝鮮の強みの産業を育成することもできる。例えば北朝鮮は防衛産業・航空宇宙・ソフトウェア分野で世界的な技術力を有していると思われる。ミサイルはもちろん人工衛星も直接発射して、悪いことだがハッキングも多くやっている。ただし北朝鮮がこれを活用して商業化する能力が不足しているだけだ。一方韓国は商業生産、マーケティング能力が優れている。万が一、南と北の力量が合わされば統一大韓民国は一日のうちに未来の新たな成長動力を現成長動力として確保することになるのだ。

  2番目、統一は南と北それぞれにとって「革新」のチャンスだ。統一すれば北朝鮮内の革新的な総合国土開発が可能だ。現在の韓国は道路・発電所など社会間接資本のどれ1つとして新たに建設するのは難しい。土地収用・環境評価・意見取りまとめなど長い手順を踏まなければならない。しかし北朝鮮は違う。初期から住み良い基盤を計画できる白い画用紙のような土地が準備されている。その上に、どんな素晴らしい絵を描くのか幸せな悩みだけが残っているのだ。

【コラム】統一、大陸型経済に向かうチャンス=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事