北朝鮮、中国への貿易依存度90%超

北朝鮮、中国への貿易依存度90%超

2015年01月14日16時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の中国への貿易依存度が次第に高まり90%水準に達すると調査された。韓国貿易協会(KITA)北京支部は14日、「最近10年間の韓国・北朝鮮の対中国経済交流推移比較」報告書を通じて北朝鮮の全体輸出で中国の比重は2003年50.9%から2013年には90.6%に高まったと明らかにした。輸出規模も2003年の4億ドルから2013年には29億ドルと7倍に増加した。北朝鮮の最大交易相手国は1995年(日本)を除いてずっと中国だった。

  中国の北朝鮮直接投資も増加の推移だ。中国の対北朝鮮投資は2003年に約12億ウォン(112万ドル)だったが、2013年には930億ウォン(8620万ドル)と76倍に急増した。これは韓国に対する直接投資額2912億ウォンの3分の1水準だ。北朝鮮の経済規模を考えれば少なくない数値だ。中国は主に北朝鮮の地下資源の開発や朝中間の港湾、また鉄道連結などの事業に参加している。一方、北朝鮮の大衆投資額は2013年基準で29億ウォンほどにとどまった。北朝鮮は中国で食堂などの小規模投資に集中している。

  北朝鮮の中国への貿易依存度の増加に反して南北交易は減少傾向だ。2013年だけを見ると南北交易は12億ドルで前年対比で42%減少した一方、朝中貿易は前年対比10%増加した65億ドルを記録した。これは2013年に北朝鮮の開城(ケソン)工業団地の出境遮断措置による開城工業団地の跛行問題が交易量の減少に影響を及ぼした結果だ。

  中国は北朝鮮の3回の核実験により政治的関係は弱化させてきたが経済的関係は維持している。専門家たちは中国に対する北朝鮮の経済的依存が一種のテコの役割を果たせるためだと分析している。対北朝鮮の原油輸出などは中断しながらも、経済的依存度は維持して北朝鮮の統制力を失わない意図というものだ。政府関係者は「北核問題などを解決するために、中国も圧迫と懐柔という戦術を多様に駆使していると思われる」として「万が一北朝鮮が追加の核実験などを断行する場合には、経済的依存状況を中国が積極的に活用する可能性が高い」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事