潜水艦「金佐鎮」、韓国海軍に引き渡される

潜水艦「金佐鎮」、韓国海軍に引き渡される

2014年12月31日08時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
30日、韓国海軍に引き渡された張保皐-II級潜水艦「金佐鎮」。(写真=防衛事業庁)
  韓国防衛事業庁は4番目の張保皐(チャン・ボゴ)-II級(1800トン)潜水艦「金佐鎮(キム・ジャジン)」を30日、海軍に引き渡した。

  全長65メートル、幅6.3メートルの「金佐鎮」は、誘導弾・魚雷・機雷などを装着していて水中で300個余りの標的を同時に処理することができる。また、燃料電池体系を搭載しているため水面に上がらなくても、数日以上、水中での作戦遂行が可能だ。

  同日、海軍に引き渡された「金佐鎮」は、9カ月間の戦力化過程を経て来年9月に実戦配備される予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事