<野球>姜正浩にメジャー球団が500万ドル入札…ネクセン「支援惜しまない」

<野球>姜正浩にメジャー球団が500万ドル入札…ネクセン「支援惜しまない」

2014年12月20日14時10分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
姜正浩(カン・ジョンホ)
  ネクセン・ヒーローズが20日、姜正浩(カン・ジョンホ、27、ネクセン)に対するメジャー球団の最高入札額を受け入れた。国内の歴代ポスティングで2番目に高い500万2015ドル(約55億ウォン)だ。球団側は「今後、姜正浩のメジャー進出に支援を惜しまない」と明らかにした。

  20日午前、メジャーリーグ事務局からポスティング入札額を聞いた後、球団側は「内部での論議の末、野手としては最初の挑戦となる今回のポスティングに大きい意味があると判断し、ポスティングの結果を受け入れることにした」と発表した。

  韓国の野手では初めてメジャーに挑戦する姜正浩は「今までメジャー進出のために支えてくれた球団と周囲の方々に感謝している。ポスティングの結果が出ただけに、今からが始まり、挑戦だと考えている」と語った。続いて「大韓民国のプロ野球の野手で最初の挑戦という部分で、自分に対する期待と興奮、そして多くの責任感を同時に感じる。日本プロ野球の内野手も成功していない挑戦であるだけに、強い気持ちと努力で必ず成功したい。多くの野球ファンの応援と支持をお願いしたい」と話した。

  今後、姜正浩はメジャーリーグ事務局から最高額を入札した球団名の通知を受ける。その後、公式エージェントのオクタゴンワールドワイドを通じて30日間、年俸交渉を進めることになる。

  姜正浩は2006年、現代ユニコーンズに入団、9シーズンで通算2割9分8厘、3070打数916安打、139本塁打、545打点をマークした。今季、遊撃手では初めて40本塁打を達成した姜正浩は、2010年広州アジア競技大会、2014年仁川アジア競技大会でも金メダルに貢献し、大韓民国を代表する強打者として注目されてきた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事