韓国の輸入車市場、ドイツ車70%占有…日本車は11%台に下落

韓国の輸入車市場、ドイツ車70%占有…日本車は11%台に下落

2014年12月19日14時13分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の自動車市場でディーゼル車が輸入自動車メーカーの明暗を分けた。ディーゼル車を前面に出したドイツの自動車は最近着実に市場占有率を引き上げた一方、日本の自動車は毎年下落する傾向だ。

  19日、韓国輸入自動車協会(KAIDA)によれば2011年に63.7%の市場を占めたドイツ車は2012年に63.9%、2013年は67.5%へと毎年増加傾向だ。今年も11月までのドイツ車の登録台数は12万5678台で全体輸入車市場の70.1%を占め、歴代最高値を記録している。

  一方、日本車の占有率は毎年下落している。2011年に18%だった市場占有率が毎年後退しながら昨年は14.1%まで落ち込んだ。今年1-11月までの市場占有率も前年同期対比6.4%増加した2万1347台で11.9%だ。これは韓国の同じ期間の輸入車平均成長率24.4%に比較すると低い水準だ。

  韓国市場は今年に入って11月までの輸入車市場で、ディーゼル車の販売量は前年同期対比35.9%増加した12万1806台だ。これは全体輸入車市場の68%だ。BMW、メルセデスベンツなどほとんどのドイツ車メーカーはディーゼル車のラインナップをそろえている。ドイツ車の販売量の80%以上がディーゼル車だ。日本車メーカーも最近、ディーゼル車のラインナップを広めている。インフィニティは今年初めにディーゼルエンジンを搭載した中型セダン「Q50」を発売し、11月まで前年同期対比で166%成長した。日産は先月コンパクトディーゼルSUVの「キャシュカイ」を発売した。ホンダ、トヨタも来年ディーゼル車の導入を検討中だという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事