【社説】副社長の一言で出発を遅延させた大韓航空

【社説】副社長の一言で出発を遅延させた大韓航空

2014年12月09日10時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  離陸のために滑走路へ向かっていた飛行機が再びゲートに戻る「ランプリターン」は時々ある。航空機の運航規定上、機体の欠陥で整備が必要な場合や乗客の安全に問題が生じた場合、持ち主がいない荷物を見つかった場合などだ。持ち主がいない荷物は爆発物と疑われるという点で、すべて運航の安全に関する場合にのみランプリターンをする。

  ところが大韓航空はナッツ類を配るサービスに不満を抱いた趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長の怒号でランプリターンを強行するという、あきれるようなことが生じた。チョ副社長はニューヨークJFK空港で飛行機が滑走路に向かう途中、乗務員がマニュアル通りにナッツを渡すサービスをしなかったことに怒り、事務長に機内から降りるよう命令したため、飛行機が機首を返してゲートに戻ったということだ。このため約250人の乗客が搭乗していた飛行機の延着はもちろん、滑走路の他の航空機にも影響を与えた。

  趙副社長は趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長の長女で、オーナー家族の役員だ。現在、機内サービス部門などを担当しているだけに機内サービス水準に問題を提起することは分かる。しかしそれは社内の問題にすぎず、内部で解決することだ。副社長であっても飛行機に搭乗した時は乗客であり、乗客は機長と乗務員の指示に従わなければいけない。これは安全運航のための基本守則だ。また、滑走路では機長が乗務員の指揮・監督をはじめとする運航全般の責任を担わなければならない。

  ところが大韓航空によると、機長は理由も尋ねず機首を返したという。また、機内サービスを総括すべき事務長が不在のまま運航した。乗客はわけも分からず延着とサービス低下の被害にあった。航空運航の基本守則も守らない役員とその役員の顔色を眺めて乗客を軽視する機長が存在する大韓航空。これが大韓航空の現状なら、消費者としてこのような航空会社の飛行機に乗らなければいけないのか深刻に疑問を提起せざるをえない。国土交通部は今回の事件について関連法違反がないかどうか調査すると明らかにした。二度と内部の問題で消費者に被害を及ぼすことがないよう徹底的に調査し、重い処分を下さなければならないだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事