大韓航空副社長、離陸準備中に航空機後進を指示

大韓航空副社長、離陸準備中に航空機後進を指示

2014年12月08日17時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空副社長(中央フォト)
  趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空副社長(40)が機内サービスに対する不満のため事務長を機内から降ろし、離陸準備中だった飛行機を後進させ、物議をかもした。

  趙副社長は5日午前0時50分(現地時間)、米ニューヨークJFK空港で、仁川行きのKE086航空機に搭乗していた。離陸のために滑走路に移動している途中、趙副社長は事務長に機内から出るよう指示した。このため航空機は再びゲートに戻って出発が遅れ、約250人の乗客に影響が生じた。

  大韓航空などによると、趙副社長はピーナッツなど堅果類を配っている乗務員に「マニュアル通りのサービスが行われていない」と指摘した。乗客の意向を尋ねた後に堅果類を皿に入れて出すべきだが、袋ごと渡している点も問題視したのだ。趙副社長は当時、ファーストクラスに乗っていた。

  その後、趙副社長は機内サービスを指揮する事務長を呼び、サービスマニュアルの確認を要求した。しかし事務長がタブレットPCでパスワードを探せないなど慌てると、趙副社長が「飛行機から降りなさい」と指示した。

  大韓航空側は「事務長が降りる時間は長くかからなかったので、案内放送はしなかった」とし「事務長が降りたことは、機長から状況報告があり、機長の指示に基づいて行われた」と釈明した。

  この航空便は仁川空港に予定より11分遅く着陸した。航空法によると、航空機の乗務員に対する機内指揮・監督は機長の権限であり責任だ。趙副社長が大韓航空の機内サービスを総括しているが、今回の措置は越権という批判が出ている。

  当時の状況は、搭乗口にあった飛行機を「トーイングカー」(飛行機を引いたり押したりして移動させる車)を利用して滑走路に移動する過程で生じた。大韓航空側は「機内で乗務員に対する指揮・監督は機長の役割である点は正しい」とし「趙副社長が機長と協議し、(事務長が飛行機から降りるよう)措置を取った」と述べた。また「趙副社長は誤った応対について指摘し、この過程で怒鳴ったりすることはなかった」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事