ソウル市響代表「鄭明勲氏が私を追いだそうとしている」

ソウル市響代表「鄭明勲氏が私を追いだそうとしている」

2014年12月06日12時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル市立交響楽団(ソウル市響)の朴ヒョン貞(パク・ヒョンジョン)代表(52、女性)が5日の記者会見で、「朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、鄭明勲(チョン・ミョンフン)芸術監督が私を追い出そうとしている」と主張した。事務局職員が自分の暴言を公開した理由はここにあるということだ。

  朴代表は「鄭監督は、私が昨年の就任後いくつか問題を指摘すると、朴市長に会い、私が(代表として)いれば再契約しないと話した」とし「このため朴市長が私に辞任を強く要求した」と述べた。

  鄭監督は31日に3年契約が終わる。職員に対する暴言で膨らんだ問題に、朴代表が朴市長と鄭監督を引き込んだのだ。朴代表は4日にも記者らに対し、「暴言の波紋は鄭監督が私を厄介に思って生じた問題」と説明した。

  記者会見で朴代表は「鄭監督は10年間に140億ウォン(約15億円)を受けた。自分の家の修理費、宿泊するホテル費を事務室から出せないかと尋ねるなど規定に外れることが多かった。また、鄭監督の息子のピアノの先生だった69歳の市響職員が年俸5700万ウォンも受けていた」と主張した。このようなことを承認しなかったため職員が反発したということだ。「鄭監督が背後にいるのか」という質問に「そうだ」と答えた。

  これに対し職員は立場を発表し、「自分を被害者にして事件の本質をごまかしている」とし「被害者は侮辱的な発言を持続的に聞いてきた職員であり、朴代表ではない」と主張した。また「この事件の当事者でない朴市長と鄭監督を引き込んで責任を回避し、ソウル市とソウル市響の名誉を傷つけた」とし「弱者であり被害者である職員が人権侵害について発言したのを政治的な背景を混ぜて解釈しようということ自体が問題ではないのか」と反論した。

  この日、朴代表は暴言・セクハラの事実関係については即答を避けた。「ミニスカートのような言葉は話したかもしれないが、どういう脈絡で出たのか見るべきだ」と語った。「ミニスカートを着て音盤でも売れ」などの発言については釈明しなかった。ただ「激しい表現はあった」と繰り返し明らかにした。

  ソウル市響事務局職員17人は2日、「職員にセクハラ・暴言を繰り返してきた朴代表の辞任を願う」という声明書を発表した。現在、ソウル市と監査院がこれを調査中だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事