韓国政府支援の海外就業、日本での就職が最多

韓国政府支援の海外就業、日本での就職が最多

2014年11月24日10時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近韓国政府の支援を通じ海外に進出した青年層就業者のうち日本で就職した人が最も多かった。

  雇用労働部が22日に明らかにしたところによると、10月末基準で韓国産業人力公団が実施する海外就業研修と斡旋を通じて2013年から2014年の2年間に就職した規模は2880人だった。

  国別では日本が501人で最も多く、オーストラリアが471人、シンガポールが298人、カナダが274人、米国が203人、中国が164人の順となった。

  彼らの平均就業年齢は27.1歳、平均年俸は2600万ウォン(約275万円)だった。性別では女性が55.3%で男性の44.7%を上回った。職種別では事務サービス色が73%の2106人で最も多く、ITが9.6%、建設土木が3.6%の順だった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事