<サッカー>韓国監督、イランにリベンジ誓う…「アジアカップで再戦したい」

<サッカー>韓国監督、イランにリベンジ誓う…「アジアカップで再戦したい」

2014年11月19日13時44分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
シュティーリケ監督
  「イランとアジアカップでまた対戦したい。その時はまともな審判が配分されなければいけない」。

  シュティーリケ監督が審判の判定に強い不満を表しながらイランに雪辱を誓った。

  韓国は18日、テヘランのアザディスタジアムでイランと親善試合を行い、0-1で敗れた。アザディの呪いの振り払うことはできなかった。韓国はテヘラン遠征でイランに4敗2分けとなった。

  韓国は釈然としない判定に泣いた。イランのアズムンがヘディングでゴールを決めた時、GK金鎮鉉(キム・ジンヒョン)を押し退けたが、審判はそのままゴールを認めた。シュティーリケ監督は試合後、「何よりも不利な点は審判の判定だった。前半の孫興民(ソン・フンミン)のイエローカードは認める。しかしイランは前半、数多くのファールをしたが、きちんと反則を取らなかった」と怒りを表した。

  続いて「後半も計画通りにゲームが流れていたが、非常に不合理な判定で失点をした。主審と副審が大きな誤審を犯した」とし「アジアカップでは良い競技力を見せることができる。イランとアジアカップでまた対戦できればいい。その時はまともな審判が配分されなければいけない」と苦言を呈した。

  シュティーリケ監督は試合の総評について「ひとまずここに来て計画した通りすべてのものを見せたと考える。選手は練習したように落ち着いてプレーした。ボールをシェアしながらチャンスを作った。前半はイランに2回のチャンスを与えたのを除いてうまくいった」とし「むしろ前半は孫興民のチャンスで1-0でリードしておくべきだったと考える」と説明した。

  インターネットユーザーは「代表チーム、お疲れさま」「シュティーリケ監督を信じる」「惜しい試合」などとコメントしている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事