韓国の西海海上で3日間気象悪化…中国漁船620隻が領海侵犯

韓国の西海海上で3日間気象悪化…中国漁船620隻が領海侵犯

2014年11月04日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  600隻を超える中国漁船がこの3日間にわたり韓国の領海を集中的に侵犯していたことが確認された。普段の6倍に達する規模に海洋警察も放水砲を動員するなど集中取り締まりに乗り出した。

  仁川(インチョン)海洋警察などが3日に明らかにしたところによると、今月に入り620隻余りの中国漁船が西海(ソヘ、黄海)海上のあちこちに出没した。ペクリョン島と延坪島(ヨンピョンド)周辺の北方限界線(NLL)南側では170隻余りが、仁川と平沢(ピョンテク)、泰安(テアン)周辺の排他的経済水域(EEZ)内では450隻余りが目撃された。これら中国漁船は操業など特別な行動はしないまま韓国の領海にとどまり海洋警察とにらみ合っている状態だ。

  中国漁船の相次ぐ出没に海洋警察と海軍は3000トン級大型艦艇など警備艦艇10隻余りとヘリコプターを動員し中国漁船の取り締まりに出た。海洋警察関係者は、「中国漁船の数があまりにも多く拿捕は不可能な状況。空砲弾と放水砲などで威嚇して退去措置を取っている」と話した。だが、中国漁船は海洋警察が鎮圧作戦を行えば一時的に領海から出て取り締まり班が撤収すれば再び領海を侵犯するなどいたちごっこが続いている。

  海洋警察は中国漁船の出没が急増した主要因のひとつとして気象悪化を挙げている。先週末から海が荒れる荒天状態になり、韓国の漁船が操業を中断しているため、海洋警察の取り締まりも緩いとみて大挙して韓国の領海に入って来たという分析だ。実際に2日仁川地域には強風注意報が発令された。海洋警察も強風で西海に2.5~3.5メートルの高波が起き、荒天3・4級を発令した。

  現地住民たちは先月31日に与野党が海洋警察解体に合意した直後に中国漁船出没が急増したことにも注目するムードだ。組織が空中分解し海洋警察の取り締まりも弱まるとみて大量に侵犯してきたという主張だ。パク・テウォン大延坪島漁村契長は、「中国漁船が恐れていた海洋警察が解体されるというので一気に集まったようだ。海が静かになればすぐに集中操業に出る可能性が大きい」と懸念する。

  海洋警察関係者は、「取り締まり強度が思ったより強いので中国漁船はひとまず状況を見守っているようだ。韓国の領海から完全に撤収するまで取り締まりを続ける方針だ」と話している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事