韓国人以上のシルム愛…巨漢米国人選手の「天下壮士への夢」(2)

韓国人以上のシルム愛…巨漢米国人選手の「天下壮士への夢」(2)

2014年10月30日15時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ジョンソンさんは元バスケット選手だった。NYセント・ジョーンズ大でバスケットボール奨学生として入学し、米国プロバスケット(NBA))の下部リーグに該当するアメリカン・バスケットボール・アソシエーション(ABA)所属チームでプレーした。少しの間だが、中国プロバスケット(CBA)にも身を置いた。最近はバスケットボール関連の仕事をすべて整理してNYで銀行の投資相談者として働いている。ジョンソンさんは「この頃は銀行の仕事とシルムの2つのことだけを考えて過ごしている」と話した。

  毎年韓国を訪れて天下壮士大会に出場するのは、シルム人としてのアイデンティティを確かめるためだ。ジョンソンさんは「最近まで亀尾市(クミシ)庁の白頭(ペクトゥ)級選手と一緒に訓練した。正しく訓練された練習相手がなかなかいない米国と違い、韓国に来れば一定水準以上のスパーリングパートナーが多くいて幸せだ」と話した。

  済州道(チェジュド)を訪問した理由に対しては「最高水準の試合をこの目で確かめたかったから」とし「全国体育大会でさまざまな年齢・階級の選手たちの試合を見て、練習してきた技術を最大限自分のものにしたい」と話した。同席したキム・ビョンホン副会長は「ジョンソンさんが頻繁に訪韓するため韓国語への適応も速い。タコ・イカ類を除いては韓国料理もよく食べる。図体が山ほどある黒人がご飯の上にキムチを載せておいしそうに食べる姿は私が見ても不思議だ」と話した。

  ジョンソンさんはいつのまにか韓国で知名度が高まった。韓国に来るたびにさまざまなテレビ番組に出演する。最近では芸能企画事務所からマネジメント契約提案も受けた。ジョンソンさんは自身に対する関心がシルムから始まったと信じ、これに報いる機会を探している。今月24日には腰の手術後、入院中だった“人間起重機”イ・ポンゴル氏(57、2メートル5センチ)に会うために大田(テジョン)に行ってきた。ジョンソンさんは「イさんは重心を低くすることができずスランプだった私に『相手を持ち上げて相手の中心を崩せばいい』と逆発想の解決法を示してくれた。感謝の気持ちからテレビ出演料を病院費として出してきた」として笑った。

  ジョンソンさんは翌月10日、慶尚北道金泉(キョンサンブクド・キムチョン)で開幕する天下壮士相撲大会に参加する。主力武器である払い押しの完成度が高まり自信に満ちている。韓国の滞在中、シルム連盟のイ・ジュンヒギョンギ委員長(57)、龍仁大のイ・テヒョン教授(38)など一世を風びしたシルムの英雄に会って中心移動についてのノウハウを集中的に学んだ。今回の大会を控え、上体をたくさん動かして相手を惑わせ対角線方向に押し倒す技術を集中的に磨いた。「天下壮士大会は8強、世界特別壮士大会は優勝を目標にしている」と明らかにしたジョンソンさんは、「シルムの大衆化に役に立つならば何でもする」と覚悟を明らかにした。

韓国人以上のシルム愛…巨漢米国人選手の「天下壮士への夢」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事