金大中元大統領のほかにもう1人…「韓国生まれの受賞者」2人記録(1)

金大中元大統領のほかにもう1人…「韓国生まれの受賞者」2人記録(1)

2014年10月12日11時23分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年のノーベル賞受賞者が相次いで発表される中、なぜ韓国人受賞者はいないのかとの自省の声が出ている。2000年に金大中(キム・デジュン)元大統領がノーベル平和賞を受賞したが、科学賞を受賞した韓国人はまだいない。だが、ノーベル委員会で「韓国生まれ」に分類される化学賞受賞者がいる。1987年に受賞したノルウェー系のチャールズ・ペダーセンだ。

  ノーベル委員会がペダーセンを「韓国生まれ」と分類するのは、ノーベル賞受賞者の国籍を突き詰めるのが難しいためだ。1901年に初めてのノーベル賞が授与されてから、▽戦争や独立などでポーランド、ベラルーシ、ソ連、ロシアのように同じ地域が他の国に変わった場合▽出生地と国籍が異なる場合▽二重国籍所持者――など、国籍問題は悩みの種だ。そこでノーベル委員会は受賞者の出身地を明らかにしている。

  ペダーセンは旧韓末の1904年にノルウェー人の父と日本人の母の間に釜山(プサン)で生まれた。海洋エンジニアだった彼の父ブレーデ・ペーデシェンは蒸気船に乗って極東にやってきて当時英国が掌握していた大韓帝国税関に就職した。その後平安道(ピョンアンド)の雲山(ウンサン)鉱山が開発されるとそこに向かいゴールドラッシュの隊列に合流した。ペダーセンの母の安井タキノは大豆と蚕糸貿易に従事した家族とともに朝鮮に移住しペダーセンの父と会って結婚した。

  89年に死去したペダーセンがノーベル委員会に残した自身の伝記によると、当時雲山鉱山は米国が運営していたにもかかわらず周辺に外国人学校がなかった。ペダーセンは「雲山はシベリアトラが出没し寒い冬にはオオカミが子どもたちを襲った所だった」と回顧した。彼の両親は彼が8歳になった年に長崎にある修道院学校に通わせ、2年後に横浜のセント・ジョセフ・カレッジに転校し中学と高校を卒業する。その後父親の勧めで米国の大学に進学することにし、セント・ジョセフ・カレッジと同じマリア会が運営するオハイオ州デイトンに向かった。化学工学を専攻したペダーセンはマサチューセッツ工科大学で有機化学の修士学位を取った。ペダーセンは「修士過程まで父が送った資金で通った。これからは自分で稼がなければならない」として博士課程に進学せず総合化学会社のデュポンに就職した。ペダーセンは後に博士学位を持たない初のノーベル化学賞受賞者となる。彼は53年に米国籍を取得した。(中央SUNDAY第396号)

金大中元大統領のほかにもう1人…「韓国生まれの受賞者」2人記録(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事