<アジア大会>韓国野球代表の金メダル、兵役免除、そして80人

<アジア大会>韓国野球代表の金メダル、兵役免除、そして80人

2014年10月01日16時27分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
仁川アジア競技大会の野球競技は終わったが、金メダルで兵役免除を受けた選手に関する論争は依然として続いている。写真は28日の決勝戦後に行われた記念撮影。今回の兵役免除をめぐる論争の一つは選手の貢献度だ。羅成範(ナ・ソンボム、写真右)、黄載鈞(ファン・ジェギュン)、イ・テヤンら貢献度が高い選手は相対的に兵役免除に対する批判を避ける雰囲気だが、羅志完(ナ・ジワン、写真左)には負傷を隠して代表チームに加わったという批判が続いている。
  韓国野球代表が仁川アジア競技大会で優勝したが、今でも金メダル獲得による兵役免除に関する声が多い。

  プロ野球選手がアジア競技大会に出場したのは今回が5回目だ。1998年バンコクアジア大会を控え、大韓野球協会は金メダルを獲得するために韓国野球委員会(KBO)にプロ選手の参加を要請した。メジャーリーガーの朴賛浩(パク・チャンホ)まで呼んだ。1994年広島アジア大会の決勝で大学生中心の韓国代表が日本に敗れた借りを返すためだった。バンコクアジア大会以降、五輪など国際大会へのプロ選手出場が今まで続いてきた。

  バンコクアジア大会でプロ・アマ・メジャーリーガーが総出動した韓国「ドリームチーム」は、決勝で日本に13-1でコールド勝ちし、金メダルを獲得した。2002年釜山アジア大会でプロオールスターが出場した韓国は、決勝で台湾に4-3で辛勝した。2006年は「ドーハ惨事」で銅メダルに終わった。2010年広州大会で韓国は台湾を圧倒し、金メダルを獲得した。仁川アジア大会では予選でコールド勝ちした台湾に苦戦したが、劇的な逆転勝ちで優勝を果たした。

  98年バンコクアジア大会の金メダルで、当時は朴賛浩をはじめとする代表チーム22人全員が兵役免除を受けた。それ以降、仁川アジア大会代表チームの13人まで含め、計80人の野球選手が兵役免除を受けている。80人に与えられた兵役免除は選手の国威宣揚、2000年代の国際大会で善戦という好循環を形成した。

  98年バンコクアジア大会で兵役免除を受けた朴賛浩、徐在応(ソ・ジェウン)、金炳賢(キム・ビョンヒョン)はその後、メジャーリーグで安定した身分で数年間活躍できた。彼らは2006年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、代表チームの主軸として世界に韓国野球を知らせた。

  2006年のWBC4強で兵役免除を受けた金泰均(キム・テギュン)、李ボム浩(イ・ボムホ)、奉重根(ボン・ジュングン)、呉昇桓(オ・スンファン)らは2009年第2回WBCで韓国を準優勝に導いた。広州アジア大会で兵役が免除された梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジュン)、安志晩(アン・ジマン)、姜正浩(カン・ジョンホ)は仁川アジア大会でまた太極マークを付けて金メダルに貢献した。北京オリンピック(五輪)優勝に貢献した柳賢振(リュ・ヒョンジン)は早くからメジャーに挑戦し、韓国の名誉を高めている。李大浩(イ・デホ)は日本プロ野球で4番打者として活躍している。

  2年間の軍服務による個人経歴の中断なくスター選手が活躍を続けながら、プロ野球全体を盛り上げてきた。2000年代前半200万-300万人だったプロ野球の観客数は2006年440万人、2008年560万人、2009年630万人、2011年710万人、2012年750万人と年々増えてきた。金賢洙(キム・ヒョンス)、崔廷(チェ・ジョン)、姜正浩、梁ヒョン種、安志晩らはプロ野球スターとしてファンを引き込む。仁川アジア大会の金メダルで兵役免除を受けた孫児葉(ソン・アソプ)、羅成範)、イ・テヤン、李在学(イ・ジェハク)は代表チーム世代交代の主軸として活躍すると予想される。

  アジア大会の金メダルによる兵役特例は兵役法に基づく正当な免除だ。仁川アジア大会に出場した24人の国家代表がすべて兵役免除ばかり望んでプレーしたわけではない。金メダルを獲得するまでの努力と情熱、そして国家代表としての責任感まで無視してはならない。

  もちろん、それでもなぜ数人の選手に非難があふれるのかは振り返る必要がある。特定選手の発言と行動は国家代表として軽率だった。そうでなくてもアジア競技大会の最終エントリー発表当時から、球団別の選手選抜に眉をひそめる人が多かった。ソ・ゴンチャン(ネクセン)、アン・チホン(起亜)の脱落に比べ、羅志完(ナ・ジワン、起亜)、呉載元(オ・ジェウォン、斗山)に向かう声が多かった理由だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 仁川アジア競技大会の野球競技は終わったが、金メダルで兵役免除を受けた選手に関する論争は依然として続いている。写真は28日の決勝戦後に行われた記念撮影。今回の兵役免除をめぐる論争の一つは選手の貢献度だ。羅成範(ナ・ソンボム、写真右)、黄載鈞(ファン・ジェギュン)、イ・テヤンら貢献度が高い選手は相対的に兵役免除に対する批判を避ける雰囲気だが、羅志完(ナ・ジワン、写真左)には負傷を隠して代表チームに加わったという批判が続いている。
  • 28日に行われた決勝戦で8回、羅成範(ナ・ソンボム)が内野ゴロの犠打で再逆転に成功し、ベンチに戻ってくると、自分のことのように喜んで興奮した羅志完(ナ・ジワン)。