<アジア大会>タオルで雨水拭く陸上、コンテナで選手待機…問題点が続出(2)

<アジア大会>タオルで雨水拭く陸上、コンテナで選手待機…問題点が続出(2)

2014年09月30日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  仁川市と組織委は準備期間、歩調が合わなかった。地方公務員と組織委に派遣された契約職の職員は対立していた。こうした中、重要な大会の運営はどんぶり勘定式で行われている。

  大会の序盤、射撃・フェンシング選手に提供される弁当からサルモネラ菌が検出され、弁当を全量廃棄した。ボランティアメンバーが他の弁当を食べる間、選手は食事を抜いて競技に出場し、韓国コーチングスタッフが組織委を暴言を浴びせたりもした。バドミントンが行われた体育館のエアコンの風が競技に影響を与え、選手が困惑した。競技場の停電のため選手が練習を中断し、選手村のエレベーターが停止したため高層を階段で行き来することもあった。

  組織委のボランティアメンバー教育・管理にも問題が多かった。競技場の案内など基本教育がきちんと行われず、選手団や取材陣が不便を感じることもあった。通訳など核心要員が「処遇が約束と違う」とし、大会開幕前に多数が抜けた。選手と取材陣を輸送するシャトルバスは運行時間に遅れたり、来なかったりした。バスに乗ることができなかった人たちは歩いて競技場へ向かい、警察の車に乗ったりもした。

  競技場や選手村に飲酒者が乱入する騒ぎもあった。ナム・ジョンヒョン大韓柔道会会長は入場券がない知人と一緒に競技場に入ろうとし、ノ・ギョンス仁川市議長は運転手のADカードを息子に渡して野球の決勝戦に入ろうとしたところ安全要員に止められた。2人は同じように「私が誰か知っているのか」と怒鳴った。

  興行でも失敗した。野球とサッカー、朴泰桓(パク・テファン)の競技など一部の種目を除けば、観客席の10分の1も埋まらなかった。閉会式(4日)も問題だ。前日まで陸上競技が行われ、リハーサルもできなくなった。開会式の入場券は目標額(100億ウォン)の半分にもならない36億5300万ウォン分だけが売れた状況だ。

<アジア大会>タオルで雨水拭く陸上、コンテナで選手待機…問題点が続出(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事